家計管理

我が家の夫婦円満となる家計管理方法

皆さんこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

僕は2019年の7月に結婚しており、結婚生活2年目に突入しています。

2年目ということで新婚ではないのかな??取り合えず毎日仲良く暮らしています。

20代後半から30代前半にかけて結婚を考える方も増えていくだろうし、僕の家の家計管理方法を公開したいと思います。

冒頭に説明しておきますが小遣い制はとっておらず双方が好きに使っています。

収入の部

わが家は共働き家計となっております。こちらはDINKSと呼ぶのでしょうが。

夫である僕の年収が550万、嫁の年収が300万の世帯収入850万円ぐらいの家計です。

平均的な共働き世帯の平均収入が700万ぐらいと聞いているので、少し裕福かなとは思っています。

ボーナスを無視すると、毎月40万円ぐらいが手取り収入となっております。

支出の部

我が家の家賃は約10万円となっています。

家計のクレジット払いが毎月20万円ぐらいとなているので、おおよそ毎月の支出は30万円となっています。

支出の分担

家賃は嫁さんに払って頂いています。

その他はすべて僕が支払う形となっています。毎月手取り収入24万ぐらいの男がクレジットカードの支払い20万のため、僕の方の銀行口座は常にカツカツであります笑

嫁さんには楽天カードの家族カードを渡していますが、ガンガン使われています。

しかし家賃を負担していただいているので特に文句を言うことはありません。嫁さんには気にせず服とかを買ってもらっています。

嫁さんには正社員で働いてもらっているのだからこれぐらいの贅沢は許しています。

家事の分担

夫である僕は一人暮らし、嫁さんは実家暮らしでした。そのため夫の僕もある程度の家事能力があります。僕の家事は雑ですけどね・・・

料理、料理の片づけ、洗濯、掃除と家事にはいろいろな種類がありますが、気づいたほうがやるスタイルをとっています。

適当な僕としてはこのスタイルがあっている気がします。

収入としては僕のほうが上ですが、仕事の帰宅時間は嫁さんのほうが遅めとなります。

従って平日の夕食担当は僕になることが多いですね。男なので手際が良いというか適当なため20~30分あればご飯を作ることが出来ますからね。

日曜日とかは嫁さんに美味しい手の込んだご飯を作ってもらっています!

まとめ

今の時代お小遣い制は古いと思っています。お互いがお互いのことを思うなら家計管理の中でお金を使うはずです。

強要することなく、ある程度自由度をもった暮らしをしていきたいですね。

僕が米国株ETFにコツコツ入金しても嫁さんは文句ひとつ言いません。(興味がない説

今日はこの辺でバイビー!!夫婦仲良く過ごしましょう

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村