つみたてNISA

米国バブル相場によりつみたてNISAの評価損益が20%超え

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

皆さん株式運用や投資信託運用をされている方ならおなじみかと思いますが、米国はバブル相場となっていますね。実体経済との乖離と言うのでしょうか。

国民の生活は厳しいのですが、異次元の金融緩和によりお金が株式市場に流入しております。

ニューヨークダウは31,000ドルを超え、日経平均は28,000円を超えています。特に日経平均は1990年9月の水準を超えたみたいです。

ちなみに1990年は僕が生まれた年となります。ないない世代と言われ生まれた瞬間が絶望の世代となります。まあしかし、きちんと大学も卒業しそこそこの企業に就職し、衣食住揃った暮らしが出来ていますので、あながち悪くないのでは??とも思っています。

さて、この一瞬化もしれませんがつみたてNISAの評価損益が20%を超えましたので紹介したいと思います。今だけかもしれませんので自慢させてください笑

 

 

 

こんな感じでつみたてNISAを開始して初めて評価損益+20%を達成しました。2019年11月開始と後発組ですが、人類(アメリカ経済)を信じて黙々と積み立てた結果となります。

僕の投資開始は水瀬けんいちさんの「お金は寝かせて育てなさい」ですので、ひたすら投資信託やETFを主体としたインデックス投資を続けていきたいと思います。

特定口座のVIGやスリム500とかもそこそこの評価損益になってきていますが、爆益したときに自慢投稿をしたいと思います。

それでは皆さんこのへんで。投資は自己責任!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ