雑談

就活生や転職者は福利厚生を重視すべき

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

大学時代の友人と福利厚生の話題となり、福利厚生は重要だねとなりましたので、現代の就活生に向けて福利厚生について発信したいと思います。

就活生や転職中の皆さん!!福利厚生は非常に重要です。5~6万の手取り収入など誤差と考えられるレベルで重要です。

本記事で就活生の皆様が就職先の企業選びにおいて福利厚生も見ておいたほうが良いよと言う視点で書いています。

僕が就活生だった頃、福利厚生が重要と言われていましたが、福利厚生ってなんだ??っていう疑問にもお答えします。

Jさん
Jさん
僕は老害財閥企業に属していますが、福利厚生は強いです

福利厚生とは

企業が、労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の向上などの効果を期待して、従業員とその家族に対して提供する各種の施策・制度。

主として従業員の生活の向上を支援する目的で実施されるもので、法律で義務づけられた法定福利(社会保険料の事業主負担など)と、企業が任意で実施する法定外福利(交通費・社宅・健康診断・育児支援・保養施設など)が該当します。

交通費、健康診断については大抵の企業が対応済みと考え省略します。(対応していない企業に就職するのは辞めましょう)

家賃補助制度

手取り収入に大きく差が開くのが家賃補助制度です。

独身時代は1Kで十分ですが、都会であったり地方都市に住む場合は6万~8万/月などの家賃が必要となります。

ここで独身寮や家賃補助制度があればかなり生活が豊かになります。

Jさん
Jさん
僕は独身寮制度があり家賃は月1万円でした。

ありがたいことに独身時代は月1万で10畳の家に住まわせていただきました。これは大変ありがたいことですね。

家賃の補助がない方と比べて、5万円以上得していると言えます。

今僕は既婚者で、独身寮からは追い出されています。(30歳過ぎても追い出されますけどね)

弊社は既婚者に対しやや厳しく、家賃補助は月あたり2万円程度となります。

ないよりはマシですが、独身時代と比べると少し塩辛いですね!!

僕は、月当たりの支払う家賃を8万円程度と考えておりましたので、2万円程度の補助があることで10万円の家賃の家に住むことが出来ています。

名古屋で家賃10万を出すことが出来ればかなり良い家に住むことが可能です。(栄駅や名古屋駅を除く)

Jさん
Jさん
社宅で3万とかで住みたかったです

ズバリ、家賃補助制度がある企業を選ぶべきです!!

保養所制度

旅行資金にも影響するのですが、保養所制度があるのも重要です。

身バレ防止ですが僕は三菱グループに属しています。三菱グループと言えば財閥企業です。少なくなったと言えども保養所が全国にあります。

高級旅館には見劣りましますが、1泊で朝夕食付プランで2万円ぐらいのプランが5000円程度で泊まることができます。

彼女(今の嫁さん)と旅行に行っても1泊1万は素晴らしくないでしょうか!!

全国の旅行についても安く抑えることが出来、保養所もあって悪いことはないでしょう。

財形貯蓄制度

財形貯蓄制度も資産運用では重要な事柄です。

僕は、財形貯蓄制度が優秀過ぎてつみたてNISAなどの着手に遅れたといっても良いでしょう。

つみたてNISAなどはどこまでいっても投資運用ですので元金が100%保証されるわけではありません。元金保証がないことに抵抗する方は財形貯蓄などを始めるのをお勧めします。

うちの会社は一般財形が年利1.〇%、住宅財形が5.〇%でした。住宅財形が優秀過ぎますね。身バレ防止のためボカシを入れております。

僕の独身時代は、月当たりに一般財形に3万、住宅財形に1万を投入し、ボーナスで月×4倍の金額を入金しています。

住宅財形においては8年目社員の今150万円とかになっています。

2~3年後の自宅購入時には200万程度の頭金になっていて欲しいものです。

Jさん
Jさん
一般財形は結婚時の指輪と不動産費用で消滅したみたいです

各種量販店との連携

ここまでは会社のホームページに記載されていないかもしれませんが、OB訪問などを活用し調べていきましょをう。

僕の会社はある家電量販店と連携しておりまして、購入時のポイント付与が+〇%となりました。+〇%をバカにするものは〇%に泣くのですよ!!

結婚時に100万円ぐらいの家具家電を新調しましたが、ポイントで20万円ぐらい頂きました。値段が上がるにつれ1%の価値が素晴らしいですね。

少し脱線しましたが、日立のドラム式洗濯機などは20万円もしますので1%つくだけで2000円のポイントが付与されます。デカすぎますね!!

就活性の皆様はこうゆうところも調査しておきましょう!

やっぱり手取り収入が重要では??

僕はここまで福利厚生の重要性について書いてきましたが、1年目で年収1000万とか2000万とかなら福利厚生は無視すればよいと思います。

僕のお勧めした内容は一般的な、20代は最大で年収600万、40代で1000万に到達する優良企業の話をしています。

福利厚生を考慮すると年収+200万の生活をすることができます。そりゃあいきなり年収1000万とかの優秀層には負けます。

しかし、+200万の生活で十分ではないでしょうか!

僕の1年目の年収は400万でしたが600万の生活をしていたことになります。

まとめ

就活性の皆さんは年収に目が行きがちかと思いますが、福利厚生にも注目してください。

表にまとめると下記でしょうか。

・家賃補助制度

・保養所制度

・財形貯蓄制度

・量販店との提携

では若者の皆様の就活や転職先選びの役に立てれば幸いです。

 

こちらの記事もおすすめ