雑談

コロナウイルスの流行により無駄な出費が減った話

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

皆さんコロナウイルスの蔓延により、企業収益の悪化により残業時間が減り月々の手取り収入が減った人が多いのではないでしょうか。

僕も手取り収入として、毎月4万円ぐらい減っています。2020年度のボーナスは減りませんでしたが、2021年度は減ることが予想されます。

Jさん
Jさん
毎月4万あればつみたてNISA以外にも投資できるじゃん!

収入が減りましたが、支出の見直しにより貯蓄額は変動せずに済みましたので、支出内容の見直しについて記事にしたいと思います。

コロナウイルス蔓延による支出の低下

コロナウイルスの蔓延により世界的に支出の見直しが行われたでしょう。

僕の中で大きく成果が出たのは、水筒持参、コンビニ利用の削減、自炊率の向上

水筒持参について

小学生~高校生の頃は当たり前のように水筒を持参していたと思いますが、大学生ぐらいになるとバイトで小金を稼ぐようになり、大学生協や自販機で飲料水を購入するようになったのではないでしょうか。

Jさん
Jさん
お金をもつとすぐに考え方が変わりますね

コロナウイルスによる収入減で僕は水筒持参生活を始めました。かれこれ1年ぐらい続いてまして、出費減を感じています。

従来の僕は1日3缶×100円×5日×4週間で月当たり6000円は飲料水に使っておりました。文章におこすと飲料水における出費はかなり大きいのだと感じますね。

仮に僕のお小遣いが月3万だと仮定すると2割5分が飲料水と言うことになります。これは恐ろしいことですよ!!

コンビニ利用の削減

水筒持参に伴い、飲料水を買いにコンビニに行くこともなくなりました。

恐ろしいもので飲料水を購入することで、余計なお菓子屋、スイーツに目がいってしまい出費が増えるというね。コンビニは恐ろしいところですよ!!

今現在コンビニを利用するのは月1~2ぐらいになったのではないでしょうか。

外食帰りに嫁さんが甘いもの食べたいといったときにコンビニスイーツを買うぐらいでしょうか。

きちんと計算したわけではありませんが、月あたり3000円ぐらいは出費減になったのではないでしょうか。

自炊率の向上

コロナウイルスの蔓延により残業時間が減少しています。つまり早く帰宅できるということになります。

僕の会社は定時が17時となっており、定時退社した場合は18時前には帰宅できます。

18時に帰宅出来たら料理する時間もつくれますので自炊率も向上しますよね。

野菜炒めとかの適当な炒め物が多いです。

Jさん
Jさん
ちなみにはまっているのは煮卵です。ビールに合うんだコレが!

外食や総菜などで食事を済ますことが減りましたので、食費としては3万円ぐらいは出費減となしました。

まとめ

水筒生活、コンビニ利用の削減、自炊率の向上により4万ぐらい出費減に繋がりました。

Jさん
Jさん
僕の生活は無駄の宝石箱だったようです

 

 

こちらの記事もおすすめ