米国ETF

【TECL】Direxion デイリーテクノロジー株ブル3倍 ETFを調査してみた

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

最近はアメリカ経済が爆上げで、twitterでもレバレッジETFでの爆益報告を見て羨ましいJさんです。人の不幸は蜜の味と言いますが、人の幸福は妬ましいという性格の僕です。

ITセクターに3倍のレバレッジをかけた【TECL】を見ていきましょう。僕と一緒に勉強がてら見てくださいな。

Jさん
Jさん
前置きが長くてすみません

TECLとは

TECLの正式名称はディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズです。

テクノロジー・セレクト・セクター指数の運用実績の3倍(300%)の投資成果を目指すETFとなっています。

設定日:2008年12月7日

経費率:0.95%

インデックス投資家は、経費率を重要視しますが0.95%と十分低額です。ITセクターの3倍の利益を満たすのだからこれぐらいの経費率には目を瞑りましょう!

TECLの構成銘柄

上記がTECLの構成銘柄となっており、Bloomberg社のホームページから引用しています。(2021年2月7日現在)

いろいろなブログを見ていると2019年はAPPLEとMSの占める割合が40%だったそうですが、今では10%にも満たない数値となっています。

また、1位の銘柄は米国債のDGCXXとなっておりますので、コロナショックの暴落を受けて組み換えがされたものと考えます。

こちらの項目については、随時加筆修正していきたいと思います。どんな組み入れに代わっていくのでしょうか興味が湧いてきますね!

TECLのチャート

finviz dynamic chart for  TECL
出所:finviz

上記がTECLのチャートとなっています。コロナショックで大きく暴落しますがそこを除けば綺麗な右肩上がりのチャートを示しています。今では単価450ドルとなっています。

また、比較のためにVOOとVTIも並べてみましたが話にならないぐらい直線です。

ここで注目する点ですがコロナショック前に単価320ドルだったのが90ドルぐらいに暴落しています。果たして一般人はこの暴落に耐えることが出来るのでしょうか??

多分、ここに全財産を入れていたのであれば精神をもっていかれることは間違いなし!!

僕としては、暴落時にお小遣い稼ぎの範囲で余剰資金を投入することをお勧めします!TECL全力は辞めましょうね!

2021年の3月にTECLは分割されましたね。

単価が40ドル台になりましたので、我々一般庶民でも買いやすい銘柄になりました。

この単価では、生活余剰金でも購入できるるようになったのではないでしょうか!




まとめ

今回は、ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズについてまとめてみましたが【SOXL】と同じくドリーミーな銘柄となっていますね。

しかし、夢のある銘柄であることは間違いなく、若年層のリスクをとれるうちは挑戦するに値する銘柄となっています。分割により単価が40ドルとかになっていますのでチャンスかもしれませんね

ボーナスなどで余剰資金が入ったときに挑戦してみてはいかがでしょうか!

SOXLについてはこちらで紹介しています。半導体には夢しかないですからね!

【SOXL】Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETFを調査してみたSOXに3倍のレバレッジをかけたETFのについてまとめました。 非常にドリーミーでスリリングな銘柄となっております。...

投資は自己責任で!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ