時事ネタ

日本電産が三菱重工の子会社の買収を発表

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

世界№1の総合メーカの日本電産が三菱重工子会社の買収を発表しました。EV向けの工作機械需要のための買収とありますが、記事にしていきたいと思います。

Jさん
Jさん
大丈夫か??三菱

日本電産とは

日本電産は、電動機(モータ)が主力であり精密小型モータや中型モータが強みとなっています。家庭用でいえば掃除機やエアコンのモータにも日本電産のものが多く使われています。

また、日本電産は今後EV開発においても世界的シェアを握るのではないのかと言われています。

日本電産の買収戦略

日本電産は従来から積極的なM&Aを進めており、技術力はあるが収益性の悪い企業を買収してきました。

特徴的なのは、日本電産が買収し収益を改善できた企業名は日本電産○○という名前に代わります

僕的に記憶が残っているのは、2011年に三洋精密を買収し日本電産精密に改名したとかでしょうか。

また、日本電産は企業を買収しても人員の削減をしないのが有名です。日本の技術力はドンドン海外に流れ、低下しておりますが日本電産のこの姿勢はエンジニアの僕としても評価している点であります。

三菱重工工作機械とは

三菱重工工作機械とは滋賀県の栗東に拠点を置く、三菱重工業の100%子会社となります。

三菱重工工作機械は、歯車機械、大型門形機などのトータルソリューション、アディティブ製造装置(3Dプリンター)などの微細加工ソリューション、精密工具の4事業を展開しており、技術力を持つ工作機械メーカとなります。

日本電産はどこに目を向けたのか??

今後の自動車産業においてEVにシフトしていくのは必然となるでしょう!!

電気自動車(EV)の主要部品である電動アクスル(E-Axle)の拡販に当たって、「歯車の強化が必要不可欠」との見解を示した。その上で、三菱重工工作機械の得意分野である、歯車の技術力に目を向けたと言われています。

日本電産の傘下に入り再度花を開いてくれることを切に願います

Jさん
Jさん
人員削減はしないでね??

買収後の心配毎

三菱重工業と言えば、IHIや川崎重工業といった総合重工業メーカの中でも給与所得が優れているのは周知だと思います。三菱重工業とトヨタ自動車ではトヨタ自動車に軍配があがりますが、日本電産とではどうでしょうね。

三菱重工業というのは社員の首切りはしません。これは三菱の理念であり御三家の筆頭である三菱重工業が率先して首切りをすることはできないと思います。ここからは推定ですが、三菱重工業の社員として出向という形で日本電産で働くということが考えられます。

社の中で給与の違う社員が働くということがもめ事に発展しないと良いですね!

まとめ

日本電産が三菱重工業の子会社である三菱重工工作機械を買収しました。

三菱重工工作機械の歯車技術を、EVの殿堂アクスルの再販に大きく貢献するための積極的活用となります。

EV市場の乗り出しに日本メーカは遅れていると報道されていますので、巻き返しのためにも日本電産には頑張って頂きたいですね!

こちらの記事もおすすめ