雑談

僕が日本学生支援機構の奨学金をお勧めする理由

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

日本学生支援機構の奨学金を使って大学や大学院に進学を検討されている方はいますでしょうか。

僕自身も奨学金を用いて地元国公立の大学に進学しました。

僕は貧乏家庭出身で入学金は親が払ってくれたのですが、国公立の月5万の授業料は自分で払わなければなりませんでした。

しかし、僕は奨学金のお陰で工学知識を得ることで今の会社に入社することに成功しています。

自分の知識を活かし社会に出てからも活躍するには大学進学が必要でありお金で大学進学を諦めるぐらいなら奨学金を受けるべきと考えています。

奨学金がデメリットも騒がれていますが、僕のような貧乏学生を救うためのアイテムにもなります。

Jさん
Jさん
たくさんの学生を救ってきたのも事実です

では、なぜ日本学生支援機構の奨学金をオススメするかを僕の実体験をもとに紹介していきます。

日本学生支援機構の奨学金とは

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

奨学金には、「貸与型」の奨学金と「給付型」の奨学金があります。

引用元:日本学生支援機構

奨学金は高校3年生の時に検討する方が殆どでしょうか。

僕は親からは絶対国公立しか入学することは許されないと言われ育ちました。

うちは貧乏家庭だけど貧乏から抜け出しいのなら勉強しなさい!学は決して荷物にならないからと母親から教育を受け育ちました。

今まで貧乏家庭と記載していますが毎日3食食べれましたし学生服も新品で買ってもらっており食うに困る貧乏ではなかったことだけはご承知ください

奨学金には給付型と貸与型がありますが、貸与型でも年利は0.1%~0.3%とかですのかなり低金利と言えます。

学びたいのに授業料が払えないだけで大学進学を諦めるぐらいないら奨学金の選択をすれば良いと思います。

1つ警告すると、学ぶ意思がなく大多数が大学に行くから大学に進学するというのは辞めましょう!

そんなことをするぐらいなら工業高校に進学し大手のメーカに勤務することをお勧めします。

工業高校を卒業して大手メーカーに就職するのがコスパ最強たいていの人は、目標なく普通科高校から大学に進むより工業高校に入学したほうが人生のコスパが良いよということを記事にしました。...

僕の奨学額受給額

僕は国立大学ではなく地元の公立大学に進学しました。

僕は、毎月5万円×4年の240万の奨学金を受給しました。

240万円の受給で4年間でここまでの教育を受けることが出来たのですから罰万歳と言えるでしょう。

日本の大学教育は素晴らしもので、本人の意思さへあれば社会人になったときに十人分に力を発揮することができます。

奨学金の支払額

日本学生支援機構の支払いは、社会人1年目の10月に開始されます。

僕は社会人8年目ですので8年間コツコツと返済しています。

毎月14,000円をコツコツ積み重ねています。一括返済することも考えましたが低金利であることもあり、毎月返済をしています。




奨学金と日本の学生の今後

昨今日本では奨学金では学生ローンだとか不当な貸し付けだとか騒がれています。

僕としては、大学で知識をつけたのですから社会人になってから稼ぐのは当たり前だと考えています。

逆に言うと大学を卒業してから稼げないのであれば大学に進学する意味はないと考えています。

大学院やドクターに進む方はどうすんだ??という話もありますが、そういった優秀な方々は奨学金の返済免除とかもありますが制度を利用しましょう!

日本の教育レベルはアメリカや中国に負けており学生のレベルが下がっていると言われていますが、奨学金を使って優秀層が学ぶことで逆転して欲しいですね!

日本は第二次産業の国です。第二次産業が育つには理系エンジニアが育つしかありません。優秀な皆様僕のために産業革命を起こしてください!

まとめ

奨学金は素晴らしい制度です。

経済的困窮により学ぶ意思があるのに大学(高校含む)教育を受けれない学生の皆様は奨学金を利用してガンガン学んでほしいと願っております。

奨学金は決して悪い制度ではありません。制度を利用して輝かしい未来を勝ち取ってくれることを僕は願います。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA