資産運用

円安インフレになるので余剰資金は海外資産に投資しよう!

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

皆さん2020年度を終え、2021年度を迎えましたね!!

円高や円安、インフレやデフレなどの言葉の定義がありますが、皆さんは正しく理解されているでしょうか。

インフレ:私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がること

デフレ:私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が全体的に下がること

円高:他国通貨に対する円の価値が高くなること

円安:他国通貨に対する円の価値が低下すること

Jさん
Jさん
高校生の公民で習ったよね!

結論から言いますがこれからの日本経済は円安でインフレが進んでいきます。

つまり円高の今のうちに余剰資金は他国通貨の資産に投資することが防衛になります。

なぜ円安からインフレに進むのか??

ここからはなぜ円安になるの???インフレになるの??の観点から説明していきます。

なぜ円安が進むのか??

こちらが日本銀行が発表している金利の推移となります。

1985年は9%の金利あったにも関わらず、2000年付近からほぼ0%の金利となっており、2020年に至ってはマイナス金利に至っております。

マイナス金利と言うことは銀行にお金を預けてもお金が増えないということを意味します。

今の世界と言うのはグローバル社会となっており、日本人がアメリカの通貨であるドルを購入したりするように、世界の人々も日本の通貨である円を購入します。

皆さんお金が増えない国の通貨を買いますか??ましてやお金が増えない銀行にお金を預けますでしょうか??

つまり、日本はこれから世界からお金が集まらない未来となり円が買われなくなるため円安なることが予想されます。

なぜインフレが進むのか??

インフレのおさらいとなりますが、インフレと言うのは私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がることです。

僕は気づいていますが、すこーしずつすこーしずつインフレは進んでいます。

家電も値段が高くなっていますし、車とかもどんどん高くなっています。

それはなぜか??海外の物価が上がっており海外から部品を調達する費用が上がっており生産コストが上がっているのです。

先ほど円安に進むと説明しましたが、円安に進み材料を海外からの輸入に頼る日本である以上インフレに進むことが証明されます。

Jさん
Jさん
軽自動車が200万と見て僕は驚愕しました

結婚したときに家具家電を新調しましたが、洗濯機20万、エアコン25万とかでもろもろ含めると100万ぐらい使いましたが昔こんなに高かったのかな??とも思ったりしましたね。

これからを賢く生きていくにはどうするの??


先ほどまで円安になると説明しましたが、日本はまだまだ円高です。

僕が米国株投資家のためアメリカドルで説明しますが、1ドルは103円から109円ぐらいで推移しております。

これからどこまで円安になるかというのは凡人の僕は語ることが出来ませんが、150円になるかもしれませんが、プラザ合意の235円を超えるかもしれません。

つまり今のうちに今後成長するであろう国の資産に投資するのが賢いと言えるのではないでしょうか。

仮に投資先の資産が下落しても、1$105円で購入して売るときに235円になっているのであれば、為替上得をする可能性があります。

お金っておもしろいですよね!

僕は将来の不安をなくすために、つみたてNISAで楽天VTIに特別口座でVIGといったインデックス投資をしており、円安やインフレになっても多少の防御が出来るように運用しています。

気になった方はこちらの記事を読んでいただければ幸いです。

2021年3月末つみたてNISA運用状況つみたてNISA運用歴1年ちょいの僕が毎月の評価損益を公開していくことで、つみたてNISA初心者が初めの一歩を踏み出す時の参考になればと思い記事にしています。...
【VIG】バンガード米国増配株式ETFが長期投資には最強米国ETFのデイフェンシブ銘柄であるVIGについて調査してみました。連続増配株として今後の配当金にも期待する銘柄となっております。...




まとめ

これからの日本経済は衰退の一途をたどるでしょう。

経済が衰退するということは円安インフレに進みます。

防衛手段としては、今後成長する国の資産に今の円高のうちに投資することが最適解と言えるでしょう!!

皆様の豊かな未来に乾杯!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓↓インフレへの防衛はこちらがオススメ

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA