つみたてNISA

投資信託は短期売却せずに複利効果を実感しよう!

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

投資信託を短期売却で利益を確定するという風潮があるという声を風の噂で聞いた次第です。

投資信託によるインデックス投資は長期保有に複利効果で財を成す手法です。

僕としては短期売却することは投機であると考えており、投資信託を実施している皆さんも初めは長期運用にる資産形成の方針で開始していると思います。

当初の資産形成方針を安易に変えないことをオススメします!

Jさん
Jさん
17%の人が短期で売却してしまっています

つみたてNISAを例にするとつみたてNISAは20年をかけて資産を形成するために生まれた制度となります。

アメリカのS&P500だと20年の長期で考えると数年単位ではマイナスの時もあるが、20年とかの長期で考えれば年利5%を得られる投資対象となっています。

今話題の全世界や全米株式もS&P500同様に人気の投資対象ですが、どれを選んでも長期投資前提での運用利回りが謳われています。

ここからは楽天証券のシミュレーションに基づき、複利運用の素晴らしさを紹介していきます。

毎月3万円を利率5%で20年間運用したとすると、元本720万円が1233万になり運用収益は500万円となります。

500万円と言えば年収分に相当しますので驚愕の金額ではないでしょうか??

続いて5%を1年で運用した場合は、元本36万円が36.8万になり運用収益は≒1万円となります。

何がわかるかと言いますと1年での利確を繰り返してしまうと20年かけても20万円しか収益を取得できないことを証明しています。

本年度のアメリカ経済の無尽蔵の金融緩和により収益が良かったかもしれませんが、長期運用による複利効果が得られないことは自明です。

長期的に見てかなりの損失になっていることは明らかではないでしょうか!

これからインデックス投資による投資信託を始めようとする方、つみたてNISAを始めようとする方などいらっしゃると思いますが、インデックス投資の基本方針は長期運用による複利効果です。

基本方針を見失わずに愚直に、お金を積み立てていきましょうね!

つみたてNISAを含めた投資信託を始める際は、クレカ決済で1%ポイント還元が出来る楽天カード×楽天証券での運用をお勧めしています。

これから始めようとする方はこちらの記事を参考にしてくださいな!

つみたてNISAは楽天証券×楽天カードの組み合わせで始めようつみたてNISAの運用は楽天カード×楽天証券が最適解であることを記事にしました。今後の社会が不安な若年層ほど早いうちに資産運用をして頂きたいと切に願います。...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA