資産運用

楽天証券の定期購入のタイミングで米国指数が上昇するが一喜一憂する必要はない

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

楽天証券で投資信託を定期積立している方は今月も5月7日に約定が成立されたのではないでしょうか!

米国のニューヨークダウやS&P500といった指数に投資されている方は、アメリカの無尽蔵の金融緩和によってすべての方が含み益になっていると思います。

最近話題になっているのが、良い感じに米国の指数が下がっているのに楽天証券の定期積立のタイミングで指数が上昇しています。

僕も楽天証券の買付足跡を確認しましたが、コロナ直後を除いてたいていのタイミングで投資信託の基準価格が上がっています。

ここを悲しいととるかどうでも良いととるかは人それぞれですが定期買い付けを2年ほど続けた僕はどうでもよいと達観する方針としました。


こちらが僕のつみたてNISAで買付している楽天VTIの買付表ですが、毎月33,333円の買付をしていますが、単価が上がっています。

楽天VTIの基準価格が右肩上がりで上がっていることが証明されています。

つまり定期買付日に一喜一憂する必要はなく定期買付により購入口数を確実に増やしていけば資産も順当に右肩上がりになるのです。

理由は不明でありますが、楽天証券による定期買付日に投資信託の基準価格が上昇する現象はありますが、愚直に積み上げることが資産形成の最適解になることが説明できたといえるでしょう!

楽天証券の投資信託(つみたてNISA)の買付は【楽天カード×楽天証券】がおすすめとなっていますので、こちらを参考にしてください。

つみたてNISAは楽天証券×楽天カードの組み合わせで始めようつみたてNISAの運用は楽天カード×楽天証券が最適解であることを記事にしました。今後の社会が不安な若年層ほど早いうちに資産運用をして頂きたいと切に願います。...
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA