米国ETF

【VOO】バンガードS&P 500 ETFを調査してみた

皆さんこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

今回は、米国ETFのバンガードS&P 500 ETF(Vanguard S&P 500 ETF)について紹介します。

本記事を読むことでVOOの構成銘柄から運用方針について知ることが出来ます。

VOOといえば米国の主要指数のS&P500に連動するETFとして有名です。

僕も投資を始めた当初にtwitterのつみたて王子という方が毎月VOOに30万円分投資をするということで常に興味を持っていたETFとなります。

我らがVOOに集中投資するつみたて王子がもうすぐ投資期間22か月目にして資産が1000万円目前でワクワクしています。

しかし、VOOと言えばコロナ前でも単価300ドル付近であり1口購入するだけでも3万円が必要であることから敬遠してきました。

でも米国の最強指数であるS&P500に連動するということは最強の指数に投資できるETFであり、投資対象の最適解であることも事実です。

finviz dynamic chart for  VOO
出所:finviz

こちらが現時点のVOOのチャートとなっています。

VOOはコロナショックで大暴落を食らいますが、今ではそんなことはお構いなしで380ドル台まで成長しています。

あの時買っておけば!!と言いたい気持ちもありますが、3万円なんて出せないってのが一般庶民ではないでしょうか。

しかし、投資対象銘柄の最適解であることは間違いないと思います。

ここからはこの順に紹介していきます。

 

・VOOの運用

・VOOの経費と構成銘柄

VOOの運用方針

VOOとはS&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指すETFとなっています。

S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定しリバランスされています。

簡単に言うと何度も繰り返しになりますがS&P500に連動するということですね!

VOOの経費と構成銘柄

VIGはみんな大好きバンガード社が運用しています。経費率も0.03%と破格の値段となっておりますね。

2021年6月2日現在に資産額としては2250億ドルとなっておりETFの中でも最大級の規模となっています。

上記銘柄についてはバンガード社のHPから引用しています。(2021年6月2日現在)

米国を代表するGAFAMが上位に占めており、イーロンマスク様率いるテスラも組み入れられています。

投資信託のemaxis slim S&P500の場合は配当金が自動で再投資されますが、VOOの場合は1.3%の配当が出ますので、ちょっとでも配当金が欲しい方はVOOの方が良いかもしれませんね!

 




まとめ

VOOは最強の投資先とも言われているのも頷ける内容であることはわかると思います。

コロナショックで多くのS&P500の銘柄がダメージを受けておりますが、全体で平均すると下落にも多少の抑制があるためS&P500に平均投資は素晴らしいと言わざる得ません。

USA!!USA!!を信じれる方はVOOへの集中投資しながら長期投資するのもありかなと僕は考えています。

S&P500に対し3倍の値動きを目指すETFのSPXLはこちらの記事で紹介しています。

【SPXL】S&P500ブル3倍 ETFを調査してみた今回はS&P500の日々の値動きの3倍を目指すSPXLについてまとめました。 経費率も比較的安く、右肩上がりの銘柄となっておりますので非常にお勧めできる投資できる投資対象であるでしょう! 皆さんの豊かな資産運用生活の一助になれば幸いです。...

投資は自己責任で!

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA