資産運用

資産運用に意識を持ち出すと職場で孤独感を覚えます

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

つみたてNISAが僕の資産運用と思われがちですが、社会人として入社した当時から職場の財形貯蓄にはすぐに手を出していました。

僕は貧乏家庭出身でして大学は国公立限定と言われたり、高校生の頃に塾に通えなかったりでお金にはたびたび不自由を感じていました。

少しでもお金が欲しい、少しでも豊かな生活を送りたいと考えていました。

銀行貯金ではほとんど利子がつかないという点で、会社の財形貯蓄であったりプルデンシャル生命保険のドル建ての貯蓄型保険に加入したのも懐かしいですね。

プルデンシャル生命に関しては、銀行預金に対比すると確実に資産が増えますので今でも続けていますし悪い商品ではないと考えています。

Jさん
Jさん
保険と投資は別で考えないといけないけどね!

僕がつみたてNISAを始めたのは28歳で資産運用を猛烈に意識し始めたのですが、職場では金融的な知識であったり危機感においては同僚対比かなりの差がついてしまっています。

同僚と差が出れば出るほどお金の話になるとかなりの孤独感を感じるようになりました。

僕の会社は三菱系列の会社ということもあり、30歳で年収は600万で40~45歳の頃には1000万になるようになります。

しかし、コロナウイルスの影響で業績はガクンと下がっており、従来の年収ベースが維持できるとは思えません。

日本人とは不思議なもので所属する会社の業績が下がっているのにも関わらず従来の年収ベースが維持できると信じているのです。

資産運用が全てではないと思いますが、少なくとも同僚ぐらいには資産運用に興味を持ってほしいとつみたてNISAの紹介をし、3人中2人がつみたてNISAを加入してくれたのですがそのうちの1人が辞めそうなんですよね

理由は、家族で東京ディズニーランドに行くための積立金をする余裕がなくなるとか、日々のアルコールの購入費用に支障になるとか言っているんですよね!!

娯楽に関しては多少の歩み寄ることはできますが、アルコールと言われると絶望ですね・・・・

その方は毎日のようにお酒を飲む大酒飲みなのですが、お酒なんてそもそも嗜好品なんだから余裕のある範囲で楽しめば良いのでは??というのが僕の意見となっております。

つみたてNISAだけでなくインデックス系のETFを買うだけでもお金が増えていき、お金が増える実感を感じるだけでも資産形成に興味が出るのでは??と僕は思うんですけどね

こんな感じで資産運用に感じては職場で孤独感を感じておりますが、周りの声は無視してお金を積み立てていきます!

皆応援してくれよな!

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA