社会人関係

現代社会の共働きと言う生活様式は貴族制度です

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

最近は現代の社会において、いかに悠々自適に幸せに暮らせるかを考えるようになるようになりました。

10代の頃や20代前半の頃は年収1000万稼ぎたいとかタワーマンションで住みたいとか考えていたのですが、

20代後半に差し掛かるというか年齢を重ねたことで考え方が変わってきました。

Jさん
Jさん
いまは30代で既婚です

僕は28歳の頃に現代の奥様と出会い共働きをすることでそこそこ幸せな生活を送れており、皆様に伝授したいと思います。

結論として現代社会の幸せの基軸は共働きであり、共働きにより生活が安定し有意義になることは間違いありません。

共働きがなぜ貴族制度といえるのかをこちらの順で解説していきます。

・共働きで世帯年収600万以上を心がける

・夫婦仲良くつみたてNISAを満額積み立てる

・外食でストレス発散する

・年に数回は旅行でストレスを発散する

共働きで世帯年収600万以上が余裕です

昨今の20代の平均年収は300万円台となっています。

独力で300万で生活しようとすると、家賃を払ったり光熱費を払ったり生活費を払ったりするとかなり苦しい生活を強いられることになります。

ここで頭を柔軟に考えるとですよ??

独力ではなく二人で力を合わせるという発想になると300万×2で世帯年収は600万になります。

600万あると家賃8万ぐらいの住居に住んでも一人当たりの負担は4万円ですので無理のない金額となり、そこそこ豊かな生活が遅れます。

年収が2倍になるのに支出は1.5倍程度ですので収支が最大化するのが共働きの最大のメリットでしょうか!

僕の家庭は今世帯年収が900万ぐらいあるのですが、嫁さんが出産してフルタイムで働けなくなることも想定する必要があります。

しかし、僕の所属する企業が安定して昇給できる見込みであるためなんとか世帯年収600万は維持できると考えています。

人生においてお金に縛られる生活は送りたくないと感がておりますので、とりあえず年収600万は維持しておきたいですね。

共働きにより収入が安定し生活の質が向上する理由はこちらでまとめています。

現代社会において共働きは生活の質が向上しますよ!結婚して2年が経過し、現時点30歳の僕が結婚して生活の質が向上したことを紹介し、独身の方々に結婚は素晴らしいよと言うことランキング形式でお伝えします。...

夫婦仲良くつみたてNISAを満額積み立てる

現代社会において資産運用は常識となっています。

銀行にお金を預けても利子は0.01%未満しかつきませんし、少子高齢化で年金もどれだけもらえるかはわからない実情となっています。

そんななか金融庁が少しでも老後にお金が残せるように各個人個人が投資をおこなない資産形成をしようと取り組んでいるのがNISA制度やつみたてNISA制度となっています。

NISA制度は非課税機関が5年に対しつみたてNISAは非課税機関が5年ですので、僕はつみたてNISAでの運用をしています。

一人だと年間40万までしか運用できませんが、夫婦二人で80万円までの運用が可能となっております。

今は各国の金融緩和で年間14%とかの利率となっていますが、恒久的には年利4%程度で考えておけば良いと思います。

夫婦二人で30年後に5000万ぐらいの金融資産を保有し準富裕層付近に到達していれば良いかなと安易な気持ちで考えています。

外食でストレス発散する

外食に関しては通常の外食と記念日的な外食にわけて紹介します。

通常の外食

我が家も節約のため極力自炊での生活を心がけてはいますが2週間に一度やお出かけの際は外食をするようにしています。

晩御飯だと二人で1万円使ってしまったりもしますが、ランチであれば二人で3000円もあればそこそこ豪華なランチが可能です。

最近はカレー屋巡りにはまっておりお店こだわりのナンを食べることに夢中になっております。

自宅で自炊するのも美味しいのは分かっているのですが、自宅ばかりだとストレスが溜まってしまいます。

たまには趣向を変えて外食をしてみるのも良いと思いますよ!

記念日的な外食

我が家で一番大事にしている項目はこちらです。

我が家はまだ子供はいませんので夫婦の時間を十二分にとることができます。

女の人は記念日を大切にするものですから、僕も少しは大切にしようと思い結婚記念日に関してだけは少しお高いレストランで祝うことに決めています。

特に理由はないのですがイタリアンレストランで12000円のコース料理にシェフのおすすめのワインボトルで3.5万円になるようにお願いをしております。

嫁さんはそこまでお酒を飲む方ではないのですが、この日だけはソコソコべろべろになるまで飲んでいます。←シャンパン1杯+ワイン2杯でベロンベロン

このブログを読んでくれている方は投資や資産形成に興味を持っている方だとは思いますが、記念日ぐらいは豪勢にいったほうが良いですよ!

年に数回は旅行でストレスを発散する

僕は旅行が好きです。

日本には47都道府県もあり一生かけても制覇するのは不可能でしょう!

海外旅行も素晴らしいと思いますが、治安、食含めた満足度が平均的に高いのは日本であると考えています。

サラリーマンとなった今、3連休の休みはあるものの長期休暇は年に3~4回しかありません。

つまり夫婦で旅行に行けるタイミングも年に数回しかないということです。

旅行は新たなる探求も楽しいですが、ストレスの発散にも繋がります。

旅行をしながら現代社会で感じる日々のストレスを発散していきたいですね!

まとめ

現代社会において人は支えあうことが大事です。

一人では難しくても二人であれば、年収もそうですが食事も旅行も2倍以上楽しむことが出来ます。

僕は共働きという生活容積は現代社会が生んだ貴族制度だと考えています。

日本人は結婚しない方も増えてきてはいますが、

結婚して共働きによる社会的安定を味わうのもいかがでしょうか!

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA