資産運用

【暴落時注意!】レバレッジ投資の危険性理解してる??

どうもこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです@engineer_spyd

資産形成期の投資初心者が羨望してしまうレバレッジ投資の危険性について解説します。

僕も金融資産としては500万円に満たないレベルの資産形成期の若者です。

Jさん
Jさん
30歳も若者の枠に入れてくれたら嬉しいです

レバレッジ投資と言うのは株価が爆発的に伸びる時期に、異常な勢いで成長するあまり一攫千金の大チャンスですが

暴落の際は指数が20%しか下がっていないので突如40%とか50%とか下がったりしますので、一夜のうちに絶望してしまい市場から退場を余儀なくされてしまいます。

投資の基本はコツコツ長期投資で市場から絶対に退場しないことであり、退場してしまっては意味がありません。

投資2年目の若輩ですがレバレッジ投資に羨望が集まる理由と危険性について紹介していきます。

レバレッジ投資に羨望が集まる理由

レバレッジ投資への羨望はすなわち爆発的な株価の伸びです

アメリカの有名指数であるS&P500とレバレッジ人気銘柄のSPXL、TECL、SOXLを比較しました。

・S&P500:米国の代表的な500社の指数です。(アメリカ版日経平均)

・SPXL:S&P500の値動きの3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

・TECL:S&P500構成銘柄のうち情報技術セクターに分類される銘柄の値動きの  3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

・SOXL:米国の半導体企業で構成のSOX指数の3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

グラフから読み取れる通りコロナショック以降に爆発的な伸びを見せており、僕が重きを置くS&P500は置いてけぼりです。。。。

僕がレバレッジ指数に憧れた大きな要因としてSOXL全力マンがコロナショックにTECLに300万投資することで資産を3000万まで伸ばすことに成功しています。

今はTECLで得た資産をSOXLに鞍替えし更に資産を伸ばそうとしています。

良いところだけを見ると最高に羨ましいのがレバレッジに関する投資であると言えるでしょう。

SOXL全力マンが爆発的に資産を伸ばしたレバレッジETFのTECLについてはこちらで紹介しています。

【TECL】Direxion デイリーテクノロジー株ブル3倍 ETFを調査してみたTECLことディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズについてまとめてみました。3倍のレバレッジを目指すETFであり夢のある銘柄となります。...

レバレッジ指数の危険性

ここからはレバレッジ指数の危険性について解説していきます。

先ほどの画像にレバレッジ指数が大暴落したことがわかるよのうにしました。

画像からは少しわかりづらいですがS&P500暴落に対しレバレッジ指数は異常な下げ具合を見せています。

レバレッジETFで誤解しがちですが、レバレッジETFは恒久的に3倍の投資成績を目指すのではなく、日々の値動きで3倍を目指すように設計されています。

僕なりかなりわかりやすくなるようにS&P500とS&P500の値動きの3倍を目指すSPXLで比較しました。

S&P500が20%下落すると、SPXLは20%×3の60%下落することが想定されます。

続いてS&P500が25%上昇し元の株価に戻ってもSPXLは40%に対し75%上昇となり40×1.75なので70%までしか戻りません。

つまり暴落し日々の値動きにおいて上昇と下落を繰り返した場合はどんどん乖離が大きくなります。

1点補足です

100%が20%下落すると80%ですが、100%に戻すためには25%の上昇が必要です。

80%に対し20%の上昇では80×1.2=96%までしか回復しません。

レバレッジETFは上昇局面は魅力的な投資商品ですが、上昇と下落を繰り返す局面では全くオススメできる商品ではありません

レバレッジETFを購入する場合の投資方針

レバレッジETFの投資方針が長期投資でないことは分かって頂けたと思います。

僕は凡人の投資家ですのでレバレッジETFをお勧めできませんが、上昇局面を予測できる方には素晴らしい投資商品です。

投資の基本は安い時に買って高い時に売るです。

今は無尽蔵の金融緩和でアメリカのすべての経済指標が上昇局面となっておりレバレッジえお掛けた投資をされた方は素晴らしい投資成績を収めています。

短期投資をしたい方はレバレッジETFに挑戦してみるのも有りかもしれませんね!

大事なことなのでもう一度、レバレッジETFを長期投資で運用するのは絶対に辞めてください!

まとめ

最近レバレッジETFが話題に挙がっていましたが、もうすぐアメリカでテーパリングが実施されると言われています。

いつS&P500などの有名指数が30%とかの大暴落がくるかわかりません。

S&P500指数が30%の大暴落はなかなかの異常事態ですが、この株式市場の好景気は無尽蔵の金融緩和のお陰であり、いつまでも続くわけではありません。

本記事を読んでレバレッジETFに投資しようとする方が一考して頂ければ幸いです。

投資初心者はレバレッジETFなどではなく少額から始めることができる投資信託をお勧めしていますので、こちらの記事もどうぞ!

株式投資は少額で投資可能な投資信託から始めよう!投資家は誰もが少額から始めています。 僕も投資を始めてたのは2019年11月から着手しており、コロナショックでの暴落も経験しておりますが今では圧倒的にプラスとなっています。 労働者階級の我々こそ少しずつ投資家に転身していきながら富裕層を目指そうではありませんか!...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA