資産運用

【上昇局面最強】レバレッジ運用は短期投資向けの投資方法です

どうもこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです@engineer_spyd

ここ最近は世界的に株式市場は絶好調でバブル経済となっています。

バブル経済となれば株式相場が熱狂的になるのは世の常でありレバレッジ投資が流行っています。

レバレッジ投資については、株価が常に上昇局面においては素晴らしい投資法であることは間違いありません。

Jさん
Jさん
TECLに投資することで元本300万を3000万にした猛者もいます

最高に夢のあるレバレッジ投資について、上昇局面においてどのような値動きをするのかと

長期投資ではなく短期投資がお勧めな理由を紹介していきます。

上昇局面のレバレッジ投資の理想的な値動き

レバレッジ投資とは

金融の世界においては、少ない投資金額によって大きな取引を行なうことを「レバレッジをかける」と言います。

簡潔に説明すると、元本が100万に対し3倍のレバレッジを掛ければ300万の元本があるようにして投資することです。

米国投資で人気なレバレッジ銘柄

レバレッジをかけた投資商品はたくさんありますが、米国経済が好調な今は

SPXL、TECL、SOXLなどが人気の商品となっています。

SPXL、TECL、SOXLについてはこんな感じの投資商品となります。

・SPXL:S&P500の値動きの3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

・TECL:S&P500構成銘柄のうち情報技術セクターに分類される銘柄の値動きの  3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

・SOXL:米国の半導体企業で構成のSOX指数の3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETF

上昇局面でのレバレッジ商品の値動き

ここからは、S&P500の値動きの3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETFの「SPXL」をもとに上昇局面での動きを解説します

下落することは想定せずに常に右肩上がりで下記グラフを作ってみました。

本当はこのようなグラフはあり得ませんがわかりやすいようにしています。

毎日S&P500が5%ずつ成長したとすると、S&P500の日々の値動きの3倍の投資成果を目指すSPXLは

なんと!!!!

5%×3倍ですので、毎日15%ずつ成長していきます

無尽蔵の金融緩和において、コロナショック時の伸び用はこのような大げさなグラフでないにしろ有名指数をはるかに凌駕するようにレバレッジETFは成長していきました。

これはバブルと言っても過言ではないと思います。

しかし、バブル相場の上昇局面の値動きとはこのようなものであり得ない上昇カーブを見せます。

S&P500でもかなりの成長を見せているにも関わらず、レバレッジに至っては驚異的な成長です。

まさにバルブ期の成長曲線と言えるでしょう!

なぜレバレッジETF投資は長期投資に向かないのか

レバレッジ投資がなぜ長期投資に向かないかについては、米国ETFの運用状況と暴落時のレバレッジ投資の危険性の2点から解説していきます。

米国ETFの運用状況

ETF名称ETFの説明運用金額
VOO米国指数のS&P500に投資するETF2490億$
VTI米国指数のニューヨークダウに投資するETF2640億$
SOXX半導体銘柄に投資するEF60億$
SPXLS&P500の値動きの3倍の投資成果を目指すETF27億$
TECLS&P500のテクノロジーセクターの3倍の投資成果を目指すETF27億$
SOXLSOXXの値動きの3倍の投資成果を目指すETF36億$

2021年8月23日における各銘柄の運用額

有名指数の米国ETFの運用金額とレバレッジETFの運用金額を並べてみました。

どれを見ても有名指数の運用金額に対し、レバレッジETFの運用金額が極端にすくないことが分かると思います。

長期投資の最適解は有名指数に投資をするインデックス投資が主流であることは語るまでもないと思います。

運用金額が少ないということはインデックス投資とはかけ離れたアクティブ運用であることは証明可能であり

アクティブ運用で用いられているETFであることは

すなわちレバレッジ投資は短期投資に適した投資商品です

レバレッジ運用の暴落局面での危険性

レバレッジ投資が短期投資のアクティブ運用であることは前述でご説明した通りです。

アクティブ運用では常に暴落局面と隣り合わせとなりますのでここからは少しだけ暴落局面の怖さを解説します。

上昇局面であればS&P500などの指数が5%ずつ成長するのであればSPXLは15%ずつ成長します。

しかし下落局面であればS&P500が5%ずつ下がるのであればSPXLは15%ずつ下がります。

レバレッジ運用の暴落時の危険性についてはこちらの記事で図表付きで解説しています。

【暴落時注意!】レバレッジ投資の危険性理解してる??レバレッジ投資と言うのは株価が爆発的に伸びる時期に、異常な勢いで成長するあまり一攫千金の大チャンスですが 暴落の際は指数が20%しか下がっていないので突如40%とか50%とか下がったりしますので、一夜のうちに絶望してしまい市場から退場を余儀なくされてしまいます。 投資2年目の若輩ですがレバレッジ投資に羨望が集まる理由と危険性について紹介していきます。...

まとめ

レバレッジ投資は株式市場の上昇局面では最強の投資であることは間違いありません。

今すぐにリスクをとって大金を稼ぎたいのであればレバレッジをかけた投資をする以外に方法がないのも事実です。

投資は自己責任の世界ですが、リスク許容度の高い方は挑戦してみるのも有かもしれません。

レバレッジ運用は同時に危険性も兼ね備えた投資商品ですので理解したうえでの運用をお勧めします。

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA