時事ネタ

高校の家庭科で投資信託の授業が開始します

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

皆様、高校の家庭科の授業に投資信託が追加されるのはご存じでしょうか。

今回は高校教育の家庭科に投資信託が追加されることで、日本の金融教育がどのようになっていくかを紹介します。

2022年度から始まる高校の新学習指導要領は、家計管理などを教える家庭科の授業で「資産形成」の視点に触れるよう規定した。家庭科の先生が裁縫や調理実習に加え、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることになる。教育現場では戸惑いも広がるなか、金融庁は「出張授業」や教材づくり、先生を対象にした投資イベントなどを通じて準備を後押ししていく。                 日本経済新聞引用

2019年ぐらいから高校の家庭科で金融知識のカリキュラムが組まれることは騒がれていましたが正式に決定しましたね。

高校の家庭科の授業で、投資信託の授業を組む目的は高校生に資産運用の重要性を知ってもらうことも1つですが、

金融庁としては教壇に立つ教員にも資産運用を学んでほしいという思いがあるそうです。

金融庁が出しているデータとしても、NISA制度の加入割合は100人に1人~2人と言われています。

すなわち金融庁の優秀な方々が日本人のために作ったNISA制度が全く使われていないことを意味します。

高校の家庭科の先生も投資信託含めて資産運用の知識など皆無に等しいでしょう。

しかし、授業のカリキュラムに組み込むことで興味関心を持つことが出来ます。

Jさん
Jさん
僕の高校生の頃に教えて欲しかった

欧米では常識の株式投資を含めて資産運用を知る一つの機会になれば良いと考えたのでしょうね。

是非とも日本人は資産運用の重要性を学び、人生100年時代を生き抜く力を身に着けたいですね。

高校の家庭科の授業の一環で投資信託を組み込んだことは素晴らしいと考えています。

Jさん
Jさん
日本の明るい未来を望みましょう

ちなみにアメリカでは金融教育が充実してるのはこちらの記事でまとめてみました。

なぜアメリカの金融資産は増えているのか??アメリカでは大半の方が銀行預金ではなく株式や投資信託などの金融資産に変えることで株価増大による金融資産の増加をさせています。 僕はアメリカでは特殊な金融教育を受けているのでは??と疑い少し調べてみましたので紹介します。...
こちらの記事もおすすめ