お金の知識

労働者階級から投資家に転身することが富裕層への近道です

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

株式投資を含めた資産運用を始めている方であれば既に常識の事実ですが、労働者階級をひたすら続けていては一生豊かな暮らしを送ることはできません。

むしろ豊かな暮らしになるどころか、老後破産になる可能性もあります。

世の中の常識として富裕層に近づくためには投資家になるか起業家になるしかないと言われています。

しかし、起業家は非常にハードルが高いため

サラリーマンとして働き種銭を稼ぎながら余剰資金の範囲内で投資をすることが富裕層に近づく近道です。

富裕層とは

      野村総合研究所より引用 

こちらが日本人の金融資産の割合となっています。

金融資産が3000万以下はマス層と分類されており、たいていの人はマス層にいます。

富裕層は金融資産が1億円以上の方が該当しており、日本には2019年に124万世帯がいらっしゃいます。

富裕層や超富裕層は2013年からアベノミクスが始まった影響もあり、株式資産が爆発的な伸びを見せ資産が増加しております。

コロナウイルスが始まってから金我々一般人は残業代が抑制されたり、ボーナスが減額され収入が減少傾向にありますが。。。。。

世の富裕層は融緩和が行われたことで、所有している金融商品の価値が向上し更に資産を伸ばしています。

やはり富裕層への近道は金融資産を持つ投資家になることです!!

金融制度を利用しよう

いきなり投資家になれ!!なんて言われても戸惑ってしまうのが日本人です。

日本人は従来より貯蓄については興味関心を持つ民族ですが、投資に関しては無頓着です。

僕としては昭和時代の郵便局などにお金を預けることで年利6%とかの利回りがありましたので、定期預金が正義という文化が残っているものと考えます。

しかし、最近では日本の金融庁の頑張りによりNISA制度やidecoなどの税制優遇の投資制度が始められ、

すこーしずつですが投資に対して寛容な社会になってきたと感じています。

アメリカで有名なS&P500の指数に連動した投資信託に投資すると、平均的に年利5%の利回りが得られますので、

つみたてNISAで3万円/月投資すると20年で元金800万円が1200万円になります。

こちらを夫婦二人でやると2400万円になりますので、まずは投資の第一歩としてつみたてNISAを始めることをお勧めします。

つみたてNISAについては、楽天カード×楽天証券での運用をお勧めしています。

つみたてNISAは楽天証券×楽天カードの組み合わせで始めようつみたてNISAの運用は楽天カード×楽天証券が最適解であることを記事にしました。今後の社会が不安な若年層ほど早いうちに資産運用をして頂きたいと切に願います。...

家庭の余剰資金は株式資産に移行しよう

ここまでつみたてNISAについて紹介してきましたが、つみたてNISAだけでは富裕層に到達することはできません。

夫婦2人あわせて良くて準富裕層で、十中八九アッパーマス層ではないでしょうか!

こちらについては、本人がどこまで裕福な生活を送りたいかに依存しますが、

お金はあるに越したことはありません。

僕の家庭は夫婦でつみたてNISAを満額運用しながら余剰資金はインデックス系のETFを購入しています。

株式運用における複利効果を実感できるのは10年後とか言われておりますので着実に資産を伸ばしていきたいと思いす。

僕はつみたてNISAの他にVIGというインデックス系のETFに投資しており、少しずつですが配当金を伸ばしながら資産形成を構築しています。

VIGについて興味を持たれた方はこちらの記事をどうぞ!!

少額ですが僕の所有数も公開しています。

【VIG】バンガード米国増配株式ETFが長期投資には最強米国ETFのデイフェンシブ銘柄であるVIGについて調査してみました。連続増配株として今後の配当金にも期待する銘柄となっております。...

まとめ

人類誰もが夢見るのが富裕層になることです。

富裕層に近づくためには投資家or起業家になるしかないというのは紛れもない事実です。

起業家の場合は才能が必要ですが、指数に連動する金融商品を購入する投資家には誰でも転身することが可能です。

ここまで読んでいただき投資を始めたいと思った方は、僕が投資初心者の頃を代弁しながら株式投資は早く始めた方が良いよ!と記事をまとめていますので参考にしてください

株式投資は早く始めた方が断然有利です!ここまで株式投資は早く始めれば早く始めるほど有利である理由を紹介してきました。 株式投資を強要するつもりは全くありませんが、資本主義の恩恵を受けるためには投資する他ないと僕は考えています。 あくまで投資は自己責任の世界となりますが、皆様の豊かな人生を僕は応援しています。...

↓↓↓応援クリック励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA