twitter運用

twitterのフォロワー数は現代の資産に相当する

こんにちはJさんです

この記事を読んでくれているか方はtwitterのフォロワーを伸ばしたいと考えている方だと思います。

いきなり結論ですが、youtubeやtiktok、ブログでの収益化を目指すうえで発信する際にtwitterで拡散する手法を多くのインフルエンサーが使っています。

例えばtwitterのフォロワーが1000人いると仮定すると、1000人の方に拡散することが可能です。

仮に10%の方が読んでくれる見てくれると考えた場合、100人の方の流入が期待できることからtwitterのフォロワーを伸ばすことが収益化への近道と言えるでしょう!

つまり、有名インフルエンサーの両学長の言う通りtwitterのフォロワー数は資産価値があると言ったこともあながち間違いではないですね!

このように多くのブロガーさんやインフルエンサーの方がtwitterの発信をしないともったいないと言っており、twitterのフォロワー数は資産です。

Jさん
Jさん
今後はあらゆるyoutubeやtiktok、ブログでの発信をしていきたい方はtwitterのフォロワー数を伸ばすのは必須となっていきますね。

本記事を読んでいかにtwitterのフォロワー数が重要かを学んでください。

twitterのフォロワー数を増やす理由

いきなり結論ですが、twitterのフォロワー数を増やすということは資産を増やしていくことに繋がります。

twitterのフォロワーが伸びていくと自分の発信を拡散することが出来ますので、ビジネスにおいて集客力は現代の資産と言っても過言ではありません。

ここからは僕の体験談をもとにtwitterを伸ばしていくメリットを紹介していきます。

twitterを伸ばしていくメリット

僕も半信半疑でしたがtwitterの運用をしながらアカウントを伸ばしていくと様々なメリットが得られます。

ビジネスをしていくうえでtwitterの運用は切っても切れない関係です。

ビジネスを始めていなくてもtwitterから発信する能力を培うところから始めていくのもありかもしれません。

さて!!ここからはTwitterを伸ばしていくメリットを僕の体験談をもとに紹介していきますね。

仲間を作ることが出来る

Twitterには属する界隈によって超絶インフルエンサーから僕のような1000人程度の弱小アカウントまでたくさんの方が交流しています。

僕も当初はブログの拡散を目的にtwitter運用を開始しました。

当初はブログの拡散だけが目的だったのですが、twitterで交流することでたくさんの友人を作ることが出来ました。

その中でも一番の驚きだったのですが、まさか自分がTwitter界隈の方とオフ会をするまでになるとは思いませんでした。

僕がTwitterでオフ会童貞を卒業してめっちゃ楽しい時間を過ごせたことはこちらで紹介しています。

【オフ会童貞卒業】twitterで知り合った方々とオフ会をしてきました今回のオフ会で多少の味をしめてtwitterオフ会も悪くはないかと思いました。 僕の場合は既婚者であるためそこまでオフ会に時間を割くことはできませんが、仲の良い方が名古屋に来てるとか、僕が出張等で立ち寄る際はオフ会に参加していく方針です。...

日本ではコロナウイルスが落ち着きだしましたので、資産運用界隈ではいろいろなところでオフ会が行われています。

サラリーマンになると仕事の間柄ぐらいでしか友人を作る機会がないと思います。

しかし、会社での出会いとなるとどこまでいってもビジネス上の繋がりとなりますので、twitterで友人を作るのも有りかもしれません。

社会的に信用力を手に入れることができる

社会的信用とtwitterて結びつきにくいですよね??

僕も当初twitterのフォロワーが多いからって社会的な信用力を持つなんて意味が分かりませんでした。

でも考えてくださいtwitterの発信者でフォロワーが100人の人と1万人の人が両極端の発言をしていると、1万人のフォロワーが居る人の発信を信用してしまいませんか??

この記事を見ている人はアフィリエイトで資産を築きたいと考えている方も多いと思いますが、アフィリエイト案件でtwitterを用いて稼ぎたいのであればフォロワーを増やして社会的信用力を培っていくべきですね。

まさにtwitterのフォロワー数は現代の資産と有名なインフルエンサーの両学長も断言されていますので、伸ばしていくべきです。

実績のある人と交流することができる

twitterを運用する上で一番うれしかったのがこの項目ですね。

僕の例を出すと、資産運用の切っ掛けが水瀬ケンイチ(@minasek)著の「お金は寝かせて増やしなさい」だったのですが、twitterのフォロワーが1000人を超えたぐらいでフォローを返して頂けました

また、最近ではtwitterのスペースといって声を出して交流できる機能も追加されておりまして、たまにではありますが水瀬ケンイチさんと話すことも可能です。

僕の例だと水瀬ケンイチさんですが、各界隈にはたくさんの有名人がtwitter運用をされていると思いますが、この記事を読んで頂いているあなたの憧れの有名人と絡むことが出来るようになるかもしれませんよ!

マーケティング能力が向上する

マーケティング、マーケティングといっても何のことかわかりませんよね??

例えば企業が広告を出す場合にどのような発信をすれば集客できるかとかが、広告担当者に求められる能力ではないでしょうか。

twitterだと巷では「バズる」って言葉で表現するのですが、ツイート内容を創意工夫していかにツイートがバズるかを考えるものです。

自分のツイートがたくさんの方にイイネされたり、インフルエンサーの方にリツイートされることで拡散されていき、自分のツイートが10万人の方に読まれるとかを体験すると興奮ものだったのを今でも記憶に残っています。

転職で企業のマーケティング職を志すのであれば、twitterでフォロワーが〇人いますとかを売りにするのもありかもしれませんね。

僕が1500人程度のフォロワーのため弱小垢ですが、1万人フォロワーとかだと企業の面接官も驚愕すること間違いないのではないでしょうか!

Twitterのフォロワーの増やし方は??

ここまではTwitteの伸ばしていくことでのメリットを紹介してきました。

Jさん
Jさん
Twitterでビジネスしようとしても今更遅いのでは??とかどうやってフォロワー増やすの??

安心してください誰もがフォロワー数を0から始めるものです。

僕もその一人でして、ブログ開設とほぼ同時期にtwitterの運用を始めましてブログの成長と共にtwitterのフォロワーも伸びております。

当初は誰も読んでくれなかった僕のブログもtwitterの僕のアイコンを通じて流入してきてくれたりして非常にありがたいものです。

ここからは実際に僕がフォロワーを増やしてきた手法を紹介しますね。

毎日2~3ツイートを呟くようにする

twitterだけでなくSNSというものは継続が命です。

しかし!!継続が命と言っても「おはよう」とか「今〇〇を食べてるとか」のようなどうでも良いことを呟いてもダメです。

たまには良いのですが、可能な限り界隈の方が有益だ!と思えるようなことを呟くべきです。

ここでなぜ2~3ツイートなんですが、毎日10とか20のツイート数を呟いてしまうと希少価値がなくなってしまいます。

この方は本当にツイートを考えて呟いているな!!と感じてもらえるように心にこもる1日あたり2~3ツイートを心掛けましょう!

Jさん
Jさん
偉そうに言ってますが、たまにはくだらないツイートも混ぜた方が人間らしさが出ますよ!

どっちやねん!!と思ってしまうかもしれませんが結論としては有益で希少性のあるツイートをなるべく心掛けていきましょう!

ツイートの内容は140文字いっぱいを心掛ける

Twitterの投稿文には全角で140文字、半角で280文字までという文字数制限があります。

文字数の制限があるのであれば、出来るだけ最大限文字数の多いツイートをした方が目につきやすくないですか??

マーケティング能力とも被ってしまいますが、折角twitterというSNSで自分をアピールするのであれば機能を最大限活用すべきですね!

偉そうに言ってますが、ここについては僕も勉強中ですが140文字いっぱいの有益なツイートが出来たときはバズるってことを体験できますのでオススメですよ??

まとめ

ここまでビジネスをする上でtwitterのフォロワーを伸ばすのは常識ってことを紹介してきました。

twitterのフォロワー数は現代の資産といっても過言ではなく、可能な限り早い段階でフォロワー数を伸ばすべきです。

twiterを伸ばすことで

・仲間を作ることが出来る

・社会的に信用力を手に入れることができる

・実績のある人と交流することができる

・マーケティング能力が向上する

twitterを伸ばすということはフォロワー数を伸ばすことですのでフォロワー数を伸ばすためには

・毎日2~3ツイートを呟くようにする

・ツイートの文字数は140文字いっぱいを心掛ける

まずは僕のことをフォローしてくれたら涙を流して喜びます

↓↓↓応援クリック励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA