健康

【中田敦彦】youtube大学でお酒を辞めると宣言!!

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

超有名youtuberであるオリエンタルラジオの中田敦彦さんが「youtube大学」でお金の勉強について発信されています。

今回中田敦彦さんがお酒を辞めると宣言されました。

中田敦彦さんもご自身でお酒が大好きと自負されていますが、それでも健康のことや老後のことを考えてお酒を飲むべきではないと考えられたみたいです。

現代人はお酒に支配されていると言っても過言ではなく、中田敦彦さんのこの宣言は応援せざるえません!

Jさん
Jさん
僕は節酒は出来ますが断酒はできそうにないっすね

お酒との付き合い方についてこちらの順で解説していきます

・お酒の一般的な害悪

・睡眠障害

・体重の増加

・老化

・重病

・アルコール依存度チェック

お酒の一般的な害悪

まずお酒は百薬の長と言われており、僕も学生時代に横山光輝さんの三国志を読んでいたのですが王様が美女にお酒飲みすぎと心配されたときに「酒は百薬の長」だからと豪語していました。

まずお酒は百役の長と言うのは中国古代の史書「漢書」に由来しています。

漢を奪った王莽(おうもう)という武将が酒税をとるために国民から税をとるために導入したと言われています。

中国人のただの武将が広めた言葉と言うだけで全く信憑性はないことが確認できました。

少し脱線しましたがお酒を分解するときにアセトアルデヒドが作られますがこいつが健康を壊す主要因ですね。

のちに説明しますがアセトアルデヒドが元で癌になりますので、アルコールは最強の健康被害に陥る飲み物です。

睡眠障害

アルコールの障害で一番最初に体感できるのは睡眠障害だと思っています。

夜寝たときにお酒を飲むと利尿作用があり、夜に何度もおきてしまう感覚を味わったことがあるのではないでしょうか??

夜に目覚めてしまうということは連続的な睡眠が出来ないため、朝の目覚めが悪くなります。

朝の目覚めが悪くなると体力が回復しないため、朝起きても100%回復していないことを示しますからね!!

僕としては飲酒習慣による最初の健康被害が睡眠障害であると思っています。

体重の増加

皆様大学生(高卒就職)でお酒を覚えて社会人になり毎日お酒を飲むようになった人もいるのではないでしょうか。

健康診断で20歳のころより体重が10Kg以上増えている方は問診票にチェックする欄がありますが、恐ろしいですよね。

僕の場合は20歳の頃の体重が65Kgに対し今が70Kgですので5Kg増となっています。

ちなみに身長177cmに対し体重70kgですのでBMIとしては丁度良いのですが、

下っ腹が出ていますので悲しい気持ちになっております。

最近の日本ではゼロカロリーが流行っていますが、アルコールにもカロリーが含まれていることはご存じでしたでしょうか??

僕は中田敦彦のyoutube大学を見るまでは知らなくて、見たときに驚愕した次第です。

アルコールは1gあたり約7kcalとなっています。

焼酎とかはカロリーがないとか勘違いしている方(僕含む)もいらっしゃると思いますが、アルコールが含まれているだけでカロリーを取得していると認識してください。

つまりアルコールを飲むだけで人間は太ってしまうということですね!

アルコールを飲まれる方でダイエット中の方は、運動習慣も大事ですがアルコールにもカロリーが含まれることを認識しておきましょう!

老化

ここからアセトアルデヒドが大活躍します。

アセトアルデヒドはDNAを攻撃するということで有名です。

老化で一番怖いのは肌の劣化だと思いますが、お酒を飲んでアルコールを取得しているとドンドン肌が劣化していきます。

また、肌の劣化に伴い体の節々が壊されていくため体の可動範囲とかも狭くなっていくでしょう!!

洗顔して化粧水で肌の老化を防ぐことは可能かもしれませんが、アルコールによる必ず発生するアセトアルデヒドには注意しましょう!

重病

ここもアセトアルデヒドが大活躍しています。

アセトアルデヒドはDNAを攻撃するのは先ほど紹介したと思います。

普段体の赤血球や白血球は日々体の調子を整えていますが、アセトアルデヒドが体の細胞は壊し始めると調整するための赤血球たちが常にアセトアルデヒドの対処をしなければいけなくなります。

ここで中田敦彦さんの言葉を引用しますが、アセトアルデヒドが細胞を壊し炎症を起こします。

炎症を起こすということは、常に体内で火事がおこっておりずーと体の細胞たちは火消しをしていることになります。

細胞が火消しをしているということは、体の体調を整えることができないということです。

これが続けると食道癌や肝臓癌になってなって取り返しのつかないことになります。

皆さん重病になる前にお酒を断酒しろとは言いませんが節酒していきませんか??

アルコール依存度チェック

さてアルコール依存度チェックをしていきましょう

お酒を飲む人は大きく3つに分けられます。

・機会飲酒

・習慣飲酒

・依存症

機会飲酒

まず機会飲酒は、家では飲まないが飲み会とかで誘われた時だけ得飲むということが機会飲酒と言われています。

最も健康的な飲み方です。

お酒を覚えたての大学生とかであれば、飲み会だ!!とかで飲み会でだけお酒を飲む人も多かったのではないでしょうか!

僕も大学生の頃はお金がなかったので、たまーに一人暮らしの友達の家に行って宅飲み会に参加するのが楽しみだった時期もあります。

あの頃は機会飲酒だったので健康だったんだなと思います。

習慣飲酒

次が、週に3回とか飲む日を決めてお酒を飲むのが習慣飲酒となっています。

勿論毎日飲むのも習慣飲酒に分類されていますが、ここでわかることは飲む日が決まっている時点で習慣飲酒と言うことです。

社会人になり自宅にお酒を常備するようになりり習慣飲酒に進化してしまった人も多いのではないでしょうか!

僕もウイスキー投資家を名乗っており、自宅には常にウイスキーが常備されており習慣飲酒をしております。

8割ぐらいの現代人は習慣飲酒に分類されるのではないでしょうか・・・・

Jさん
Jさん
安心してください!僕も習慣飲酒です(キリッ

アルコール依存症

次が依存症ですがお酒を飲まないと手が震えるとかの人ですね。

ここまで来たらもう手遅れといっていいでしょう!

中田敦彦さんは習慣飲酒の時点でヤバイ!!と言っています。

アルコールには飲めば飲むほど耐性がついていき飲むに従い飲酒量が増えていき依存症に到達します。

僕も30歳の今かなり節酒することに成功していますが、飲む日を決めている時点で習慣飲酒に分類されていますので、

飲酒量を増やすことなく健康に気を付けた生活をしたいと思っています。




まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか??

お酒の怖さをお判りいただけましたでしょうか??

年齢を重ねるごとに体の臓器にダメージは積み重ねているというのにお酒の飲酒量だけはドンドン増えている方もいるのではないでしょうか

僕もその一人で、今後も現在の節酒生活を続けていきたいと思っています。

繰り返しになりますが中田敦彦さんはお酒を一切飲むな!!と進言しています。

Jさん
Jさん
僕は断酒は無理っぽいです・・・

僕は断酒は無理ですが節酒はしていまして休肝日を設けて感じたことはこちらで記事にしています。

休肝日を設けると心身の調子もが良いし良いことづくめです毎日のように飲酒するのはできるだけ若いうちにおかしいと気づくべきです。 健康だけではなく人間関係や仕事を失っている人もいるはずです。 良いことづくめですので休肝日のある生活を試してみることをお勧めします。...


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA