サラリーマン

転職活動を始める前に転職市場での市場価値を確認しよう

こんにちはJさんです

Jさん
Jさん
本記事では転職前に準備することから市場価値の確認方法までを解説します。

転職の前に自分の市場価値を確認しよう

職活動に取り組む前に、まず最初にすべきことは自分の市場価値を確認することです。

転職市場にも市場価値の「高い人」と「低い人」が存在しており、自分の市場価値は転職前に知っておくべきです。

もしご自身の市場価値が低いと思い込んでいても実は市場価値が高いって可能性もあります。

そこで本記事では自身の市場価値を高める方法と転職市場において価値の高い人材とはどのような人なのかをわかりやすく解説していきます。

年齢と転職市場の関係

従来は転職の限界は35歳までというのが通説でしたが、令和の時代となった現在は35歳以上の転職が成功するのも珍しくなく、「35歳転職限界説」は過去のものとなっています。

しかし、現実的には年齢も転職活動においては1つの基準となっていますので若いほど有利と言うのは疑いようがありません。

年齢の価値は同業種に転職か、異業種への転職かで分かれます。

異業種への転職は成長力や吸収力を期待できる20代が圧倒的に有利です。

場合によっては、30歳前半まで許容されることもありますが、異業種への転職の場合は努力や志望動機を確実に企業側に伝える必要がありますのでハードルは低くはないでしょう!

また、35歳を超える場合は「即戦力として活躍できるかどうか」が転職市場で重視されます。

35歳を超えて自分の市場価値をキープしたい方は、異業種への転職を目指すのではなく、ご自身の経験の分野での同業種への転職する方が企業側が高く評価してくれる可能性が高い傾向にあります。

しかし、「役職や年収にこだわりがない」場合はその限りではありませんので目標達成のために諦めずに転職活動を進めていきましょう!

資格は転職時に有利に働くのか?

転職活動を検討する上で、転職を有利に進めるためには資格を取得した方が良いと考える方も多いでしょう。

結論から言うと不動産の宅建や経理業界の簿記などの必須資格を除き資格はあくまで加点要素でしかなく、今までの実績が重視される傾向にあります。

最近では、金融リテラシーを高めるためにFP資格を取得される方もいますが、転職業界に全く役立たない資格を取得しても「本当にやりたいことは何??」と相手に疑問を抱かせてしまう可能性があります。

資格を多く取得している場合は、なぜその資格を取得したのか。その資格が何に役立つのかを企業側に説明できるようにしておくべきでしょう!

自分の転職市場での市場価値を確認する方法

市場価値診断ツールを使う

転職の際に市場価値を確認する上で最も効率が良いのは転職のプロが持つ過去の転職データに基づく診断です。

所要時間5分程度で転職市場の市場価値を知るうえでお勧めのサービスは2点です。

ミイダス

市場価値からキャリアを分析するサービスです。

簡単なご自身のプロフィールを入力するだけで、ご自身の市場価値を算出してくれます。

具体的にはご自身のキャリア、スキル、在籍企業名、現在の年収を入力することで正確な市場価値を確認することができます。

市場価値を確認し、ミイダスに登録しておけば書類選考なしの面接確約オファーを頂けますので、ご自身の興味を持った企業との面接から始めることが出来ますのでかなり効率の良い転職サービスとなります。

ミイダスでの無料市場価値診断はこちら

 

doda

こちらもオススメのキャリア分析するサービスです。

簡単なご自身のプロフィールを入力するだけで、ご自身の市場価値を算出してくれます。

具体的にはご自身のキャリア、スキル、在籍企業名、現在の年収を入力することで正確な市場価値を確認することができます。

dodaの場合は市場価値の確認後は、プロの転職エージェントが転職が成功するまでサポートしてくれます。

dodaでの無料市場価値診断はこちら

転職エージェントを活用する

転職活動を始める前に、第三者の視点で自分を客観的に評価することは重要です。

しかし、家族や友人では客観的な自分の価値はわかりにくいため、そこで活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントに無料会員登録することで、専門のエージェントと面談を受けることになります。

エージェントの面談ではご自身の職務経歴書を交え面談する中で、企業から内定が出やすい、自分の価値を高めやすい職務経歴書の記載方法のアドバイスを得ることが出来ます。

転職エージェントは、転職活動を効率的に進める便利ツールですので積極的に利用しましょう。

しかし、1つの転職エージェントだけでは偏った意見だけの可能性もあるため、転職エージェント登録の際は2つ以上のエージェントサービスを活用する子をオススメします。

リクルートエージェント

転職エージェントの最大手と言えばリクルートエージェントです。

圧倒的な求人数と転職仲介実績を誇っています。

無料会員登録することで、20万件以上の非公開求人の中から、自身の希望を満たす最適な求人の紹介を受けることが出来ます。

求人の紹介は勿論ですが、エージェントを通して面接対策や職務経歴書の添削、独自分析に定評がある業界や企業の情報を無料で手に入れることが出来るのもリクルートエージェントの強みです。

転職活動が初めてで不安を感じている方はもちろんですが経験豊富な求職者にもオススメのエージェントの1つです。

リクルートエージェントへの無料登録はこちら

マイナビAGENT

つづいては転職エージェント大手のマイナビAGENTです。

さらにマイナビAGENTの場合は、20代に着目した転職活動を斡旋しており、20代を欲しがる企業はたくさんいますので、20代で転職を考えている人はマイナビAGENTをオススメします。

転職のマイナビAGENTはリクルートエージェントに並ぶ大手ですので一緒に登録しておきましょう!

マイナビAGENTへの無料登録はこちら

 

メイテックネクスト(ものづくり)

ものづくりエンジニア(機械・電気・自動車等、製造業系)に特化した転職エージェントと言えばメイテックネクストです。

メイテックネクストの特徴は、エージェントの担当者が技術系出身のため、機械系には機械系、電気系には電気系出身の担当者がついてくれます。

求人数こそその他のエージェント対比少なめですが、技術系の転職希望者に特化した案件を紹介してくれますので、技術系のエンジニアの方はメイテックネクストへの登録をオススメします。

メイテックネクストへの無料登録はこちら

 

メイテックネクスト(IT)

続いてもメイテックネクストですが、ITエンジニア専門です。

エンジニアといっても昨今のIT需要により、ITエンジニアの市場価値は爆上がりの傾向となります。

機械系や電気系のものづくりエンジニアではなくITエンジニアの方はこちらを登録するのをオススメします。

メイテックネクストへの無料登録はこちら

転職市場において市場価値が高い人と低い人

転職市場において市場価値が高いのはこんな人

リーダー経験がある人

新卒入社してある程度年数が経過すると部下が出来て指導をしながら業務を遂行するようになります。

転職面接の際には何人の部下をマネジメントしていますか??と聞かれますので5人の部下をまとめて仕事していますなど答えれるようにしておくことが出来れば良いでしょうね。

新しいことを学ぶのが好き

業種・業界を問わず新しいことに積極的に学び挑戦することが出来る人は重宝されます。

僕はエンジニアなのですが、新しい計測器や試験機の導入の際は取扱説明書を読んでマニュアル作成をするだとかするのですがかなり重宝されます。

人間たるもの新しい事への挑戦を年々億劫になるものですので、自分の知らないことを積極的に学び、形にすることが出来る人は企業では高く評価されます。

チームプレイを重視する

企業に所属する上でチームで働くことになります。

1人で完結する業務はほとんどなく、チームや組織を大切にする人材は市場価値が高いと言えます。

チームプレイには、自分が所属する社員だけでなく関係会社の社員とのコミュニケーション能力も含まれますので、チームプレイを重視するできることをしっかりと面接先の企業に伝えることで市場価値を高めることが出来ます。

転職市場において市場価値が低いのはこんな人

決めつけ人間

発想の柔軟性に欠け、こうでなくてはいけないと決めつける人は市場価値が低くなる傾向にあります。

「何事もこうであるべきと決めつける」という思考が強すぎると変化の激しい令和の時代では取り残されていきます。

今後の世の中では、様々な新しい情報を柔軟に取り入れ受け入れる柔軟性をもっていきましょう。

指示待ち人間

最も転職市場で嫌われるのは与えられたことだけをただこなすだけの指示待ち人間です。

これからの世の中では、主体的に自ら行動することが出来る人が求められるため積極的に仕事を取りに行くスタイルを心掛けると良いでしょう!

市場価値を知った上で転職活動を進めることが重要

ご自身の市場価値を知ることは、ご自身が客観的にどのように評価されているかを確認できますので自信に繋がります。

ご自身の市場価値を知ることでより今もらっておいる年収よりも多い年収を見越せる企業に自信をもって挑戦することが出来ます。

また、現時点で市場価値が低い人も悲観する必要はありません。

日本企業はよっぽどのことがない限りクビにはなりませんので、現職での頑張り具合でいくらでも市場価値を高めることが出来ます。

本記事をここまで読んで頂けた方であればご自身の市場価値を確認する大切さを実感できたと思いますので、まずは市場価値の診断から始めてみるのも良いかもしれませんね。

ミイダスでの無料市場価値診断はこちら

dodaでの無料市場価値診断はこちら

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA