米国ETF

楽天証券でドルの余力を寝かせていてはいけない(ドルMMF)

Jさんです

今となっては資産運用することが常識となっている我が国日本です。

資産運用といってもたくさんの種類がありますが、米国の高配当株に投資されている方も多いのではないでしょうか??

米国株といえば年に4回とか米ドルで配当金が入金されますが、もしかして配当株を1株買える次の配当金が入金するまで寝かせている人いませんか??

誰もが経験していることかと思いますが、ドルのままおいていても利子はつきません。

そんなあなたに朗報です。ドルMMF(投資信託)に預けるだけで高金利をもらえるんですよ!

Jさん
Jさん
ここからはなぜドルを寝かせていてはいけないのかとドルMMFの利点を説明していきますね

なぜドルのまま寝かせていてはいけないのか

僕たち日本人は日本円を銀行に預けていても金利がほとんどつかないことは既に知っているでしょう。

本記事にたどり着いたあなたは、既に資産運用に手を出していて一定レベルの資産運用知識は既にお持ちだと思います。

そんなあなたに朗報と言うか忠告です。楽天証券で配当が出る銘柄に投資されていて配当株から得た配当金を証券口座に寝かせていては勿体ないですよ!

こんな状態ですね。これではただ楽天証券口座に寝かせているだけで金利が全くもらえません。

銀行に預けて0.001%とかの金利をもらっていた方が幾分かマシなレベルです。

そんなあなたに朗報です、米ドルをドルMMFという形で預けるだけで金利をもらえる投資信託があるんですよ。

ドルMMF(投資信託)とは

ドルMMF(投資信託)は簡単に言うとこんな感じです。

・ドル/円とほぼ同じ動きをする投資信託

・運用することで米国金利がもらえる

ここからはこちらの順でドルMMF(投資信託)の利点から買い方まで紹介していきますね。

・年利2%以上の金利が得られる

・ドルMMFで米国株や米国ETFが購入できる

・確定申告も不要

・ドルMMF(投資信託)の買い方

年利2%以上の金利が得られる

楽天証券で運用できるドルMMF商品はこちらになります。

GS米ドルファンドにしろ日興USドルMMFにしろ年利2%以上の金利がつきます。

株の方が年利が良いかもしれませんが、株を購入できるまで米ドルを寝かせていては非常にもったいないです。

ドルMMFで米国株や米国ETFが購入できる

でもドルMMFにしたら米国株であったり米国ETFを購入するときにドルMMFを解約したりしないといけないのでは??と不安に思う方もいるでしょう。

安心してください。

楽天証券であればゴールドマンサックスのMMFで運用していれば、米国株や米国ETFを購入するときにそのまま購入資金にあてることができます。

こんな感じで米国株を購入する際にドルで買うを選択すれば、米ドル建てMMF(GS)を含めるという画面が出てきます。

確定申告も不要

我々投資家にとって超めんどくさいのが確定申告が必要か??ってことですよね。

安心してくださいドルMMF(投資信託)は確定申告が不要です。

ドルMMF(投資信託)は特定口座で運用されますので、利益が出た際は自動的に証券会社が計算してくれます。

安心して運用が可能ですね!

ドルMMF(投資信託)の買い方

ここまで読んでくれたあなたは、米ドルを証券口座に寝かせていては勿体ないということに気づいたでしょう。

ここからは楽天証券で米ドルMMF(投資信託)の買い方を説明していきますね。

まず楽天証券ページでその他商品を選んで下さい。

その他商品を選ぶと外貨建てMMFの画面が出てきますのでそちらをクリックします。

クリックすると先ほど紹介したこちらの画面が出てきますので、注文の買いボタンを押すだけです。

繰り返しになりますが、米国株やETFの購入資金にあてることが出来るのはゴールドマンサックスだけですので、ゴールドマンサックスを選びましょう。

金利もゴールドマンサックスの方が良いですし悩むこともないでしょうが。

まとめ

ここまで読んで頂きいかがでしたでしょうか??

資産運用に既に挑戦している情報強者のあなたも、もしかしたら米ドルをそのまま証券口座に寝かせているかもしれませんね。

小さなことですが我々弱小投資家にとっては小さなことの積み重ねが10年、20年にわたり長期投資することで資産額の向上に繋がります。

もし、証券口座に米ドルを寝かせている方がいらっしゃいましたら選択肢の一つとしてドルMMFを検討されるのも有りかもしれませんね。

また、高配当投資はインカム投資と言われていて資産額があまり増えない印象かもしれませんが、資産額(キャピタル)も狙いながら配当を出す商品もありまして、こちらで記事にしています。

資産形成に加えて分配金も狙える【VIG、VYM】を比較!配当株の中には分配金(インカムゲイン)を重視するあまり全く株価の成長(キャピタルゲイン)が得られないものも数多く存在増します。 その中ではVIG、VYM共に株価成長と分配金を合わせて取得できるため非常にお勧めな銘柄と言えます。 どちらのETFがお勧めかを解説していきます。...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA