サラリーマン

地方都市なら共働き世帯年収600万で裕福な生活が送れます

Jさんです

サラリーマンとして働くうえで年収1000万円を稼ぎたい!!とか人より良い生活を送りたいとか考えてしまいますよね。

確かに年収1000万円稼ぐのは素晴らしいことですがみんな東京をイメージしすぎではないでしょうか??

僕は名古屋に住んでいるのですが、地方都市であれば共働きで世帯年収600万あれば充分文化的で豊かな生活を送ることができます。

特に地方としてってのが重要なキーワードとなります。地方都市は東京と比べるとあらゆる面で豊かな生活を送る要素があります。

Jさん
Jさん
ここからは共働きで世帯年収600万の理想形態となぜ地方都市が素晴らしいのかを紹介していきます。

世帯年収600万円に到達する方法

共働きで世帯年収600万はどのように作りましょうかね!

日本人の高年収の方はたいていが残業代で年収を上げており、残業というものはすればするほど時間を失ってしまうため、基本的にはオススメしていません。

僕は生活の質をものすごく重視していますのでこちらの働き方をオススメしています。

・男女ともに年収300万円の正社員

・男性が年収500万円正社員で女性側が年収100万円のパート

まずは男女ともにう年収300万円の正社員を見ていきましょう!

男女ともに年収300万円の正社員

僕が一番オススメするのは男女ともに年収300万円正社員の組み合わせです。

JIJI.COMさんが年代別の男女の年収をグラフにしてくれています。


引用元:JIJI.com

だいたい結婚適齢期と言われる30歳ぐらいの男女の年収中央値が300万円ぐらいですので共働きで世帯年収600万円は難しい数字ではないと言えますね。

ちなみに手取り収入はというとウェルスハックさんの簡単計算表を引用しますが、年収300万円の手取りは239万ですので2人で478万円ですね!

男性が年収500万円正社員で女性側が年収100万円のパート

続いては男性が年収500万円の正社員で女性側が年収100万円のパートもオススメです。

まずは年収500万円を超える割合を見ていきましょう!こちらは厚生労働省のデータを引用しています。

年齢男性女性
30~34歳4.1%1.1%
35~39歳8.0%2.4%
40~44歳10.1%3.8%
45~49歳11.6%4.3%
50~54歳10.8%4.6%
55~59歳11.1%3.9%
60~64歳4.8%1.8%
65~69歳1.1%1.1%

引用元:厚生労働省

30歳と仮定したとき男性で年収500万円を超える割合は4.1%です。女性の場合は1.1%となっています。

しかし、片方が年収500万円を稼ぐことが出来れば女性側は100万円程度のパートになっても世帯年収600万円に到達可能ですね。

女性の場合は、出産や子育てにより正社員を続けることが難しい場合もありますので世帯年収600万円で良いや!って思える家庭であれば女性側はパートでも良いかもしれません。

ちなみに年収500万円の手取り収入は389万円ですのでパート主婦の100万円を足すと世帯で手取り額は489万円となります。

男性側で年収500万円が難しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今は転職で年収を上げるのが当たり前の時代となってきました。

この機会に転職活動してみようかなと思う前にご自分の市場価値を確認してみるのもお勧めします。

転職活動を始める前に転職市場での市場価値を確認しようご自身の市場価値を知ることは、ご自身が客観的にどのように評価されているかを確認できますので自信に繋がります。 ご自身の市場価値を知ることでより今もらっておいる年収よりも多い年収を見越せる企業に自信をもって挑戦することが出来ます。...

ここからはなぜ世帯年収600万円で地方都市で暮らすのが良いかを紹介していきます。

共働き世帯年収600万で地方都市で暮らすのが良い理由

繰り返しになりますが、東京で暮らすよりも地方都市で暮らす方が文化的な暮らしができます。

僕は名古屋に住んでいますが、程よく都会で程よく田舎の部分がありすごく幸せな生活を送れています。

ここからはなぜ地方都市で暮らすのが良いかをこちらの順で紹介していきます。

・交通網が発展している

・家賃相場が安い

・少子高齢化の未来でも大丈夫

・外食産業も栄えている

交通網が発展している

まずなんといっても交通網でしょうね!!

東京の山手線だと常に満員で、どの駅で降りても人が居て常に人と密接にかかわることになります。

僕は東京は住む場所ではないと思ってます。

しかし、地方都市であれば新幹線や航空などの交通網も発展しているのにも関わらず、そこまで混んでいません。

僕は名古屋に住んでいますが、JRだろうが名古屋鉄道だろうが朝の通勤ラッシュ時もそこまでパンパンになっていません。

やはり通勤の時にぎゅうぎゅう詰めになるような環境だと体力的にも疲れてしまいますので、地方都市のマッタリした生活がオススメです。

家賃相場が安い

居住地を置くうえで重要になってくるのは家賃相場ではないでしょうか。

共働きだと1LDK以上は必須だと思いますが、出来れば2LDKが良いですよね!

まずは東京23区の家賃相場を見ていきましょう。

引用元:賃貸住宅D-room

新宿区で2LDKに住もうと思ったら40万円も必要みたいですね。僕の嫁さんの妹夫婦が世田谷区で2LDKに住んでるみたいですので17万円の家賃かと思うとぞっとしますね。

東京で2LDKに住もうとした場合は余程の高収入カップルか家賃補助が充実した企業でないと厳しいですね。

続いては地方都市の代表格である名古屋市の2LDKの家賃相場を見てみましょう!

引用元:CHINTAI

名古屋市はだいたいこんな感じで10万円程度払えば2LDKの家に住むことができます。

東京と名古屋であれば約10万円程度の差が開くことがわかりましたね。

今回は名古屋を例に出しましたが、福岡や仙台なら更に安価になると思いますので地方都市に住む方が家賃相場は抑えることが出来ますね!

また、福利厚生が充実した製造業も地方都市であったり田舎に勤め先があることが多く家賃補助などがあると単身者では月額1万円、既婚者では月額3万円程度の家賃に抑えることができたりします。

もし転職で福利厚生を考える機会があればこちらの記事も参考にしてください。

【就活生必見】就職の際に最低限の福利厚生を確認すべき大学時代の友人と福利厚生の話題となりました。 福利厚生は就職する際の生活レベルが大きく変わる最重要項目となりますので、就職活動の際にはチェックしておくべきです。 5万や6万の手取りの差など簡単に逆転現象が起きてしまいますし、東京であるならば10万以上の可能性もあります。...

少子高齢化の未来でも大丈夫

今後日本で生きていくうえで切っても切れない関係となるのが少子高齢化です。

田舎では高齢化が進むと共に若年層が都会に出ていきますので限界集落なども生まれています。

そんな中地方都市であればある程度の人口を抱えています。

人口が居るってことは地域の税収も安定していますので、街の環境整備にもお金を回すことが出来ますので今後生活する上での心配は少ないでしょうね!

逆に田舎であれば今後、過疎地域に水道管を引っ張ることができないであったり維持ができないなどの問題も出てきています。

生活環境の維持の意味も含めて地方都市に住むのが良いでしょうね!

ちなみに僕の住む名古屋では大々的な都市開発が予定されており、これから更に発展が進む見込みです。

東京ほどの都市化はなくても30年後でも十分な地域環境を維持してくれることでしょう!

外食産業も栄えている

外食やミシュラン店が東京や大阪に集中しているのは重々承知ですが、地方都市も悪くないですよ??

多少ミシュラン店もあるし、地域密着の割と大きな飲食店もあったりします。

特に福岡の博多とかだとすごい安価な値段の屋台で美味しいご飯が食べれるって話題ですしね。

僕は今名古屋に住んでいますが、次の居住地は福岡とかも良いなあと思ったりもしています。

Jさん
Jさん
名古屋も激辛で有名な味仙とかありますし!!

こんな感じで外食産業も栄えていますので、地方都市でも十分美味しいご飯を堪能することが出来ます。




まとめ

ここまで共働きで世帯年収600万で地方都市に住めば豊かな生活が送れますよ?ってことを紹介してきました。

読んでくれた方いかがでしたでしょうか??

世帯年収は高ければ高いほど良いのは確かですが、僕としては世帯年収600万で身の丈に応じた生活を送れば夫婦仲良く幸せな生活を送ることができます。

東京での暮らしに疲弊するぐらいであれば地方都市への移住も考えてみてはいかがでしょうか。

共働きだと生活の質が向上しますという内容も記事にしていますので、参考にいかがでしょうか!!

現代社会において共働きは生活の質が向上しますよ!結婚して2年が経過し、現時点30歳の僕が結婚して生活の質が向上したことを紹介し、独身の方々に結婚は素晴らしいよと言うことランキング形式でお伝えします。...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA