つみたてNISA

新社会人はつみたてNISAをいくらすべきかを回答します

こんにちは、Jさんです

新社会人の皆様サラリーマン生活の始まりおめでとうございます。

これから輝かしい未来だけど、本記事を読んでくれているということは少なからず将来のお金について不安があるということでしょうか。

いきなりつみたてNISAって言われても何のことかもわかりませんし、いくらすれば良いのかもわかりませんよね!

つみたてNISAというのは金融庁が将来のお金の不安をなくすために導入した少額投資制度です。

新社会人になり始めて安定した収入を得るようになり、どれだけ積立NISAを使って資産運用しようという悩みに行きつくかと思います。

僕のオススメの投資額はつみたてNISAの上限額の年間40万円を運用すべきです!!

Jさん
Jさん
ここからは積立NISA制度とは!!どうし満額運用すべきなの??という疑問について答えていきますね。

つみたてNISAとは

つみたてNISAの解説は1次情報源の金融庁の説明を引用します

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座(※2)
非課税投資枠新規投資額で毎年40万円が上限(※3)(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間最長20年間
投資可能期間2018年~2042年
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(対象商品についてはこちら)
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの

  • ・販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • ・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • ・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • ・信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • ・分配頻度が毎月でないこと
  • ・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

簡単に要約すると金融庁が厳選したファンドに20年間のあいだ年間40万円を上限と非課税で運用できる仕組みです。

この非課税ってのポイントで、通常株式の取引には利益に対して20%の税金がとられてしまうのですがつみたてNISAでは税金をとりませんよ!!って制度です。

老後不安や年金不安が騒がれていますので、金融庁が神制度を作って自分のお金は自分で守りましょうね!ってことですね

新社会人でつみたてNISAを満額運用するメリット

先ほどつみたてNISAの制度について簡単に紹介しましたが、通常株式の利益に対して税金が20%とられるのに、積立NISAではとられないという神制度であると紹介しました。

ここまではすべての人にあてはまるメリットですが、新社会人の方にはその他の方に比べて圧倒的に有利なものがあります。

圧倒的な有利なもの、、すなわち「時間」ですね。

例えば、僕は31歳ですので60歳まで29年間しかありませんが、22歳の大卒者は38年間、24歳の大学院卒者の場合は36年間という長い間にかけて複利の恩恵を受けることが出来ます。

ここからはこちらの順で紹介していきます。

・つみたてNISAのオススメ投資先

・新社会人がつみたてNISAを満額運用したときのシミュレーション

つみたてNISAのオススメ投資先

つみたてNISAというものは数ある金融商品の中から金融庁が示した一定の要件を満たす「投資信託」と「ETF(上場株式投資信託)」のみ。

2022年4月7日時点では、「インデックス型投資信託」181本、「アクティブ型投資信託」23本が対象商品に選ばれてます。

金融庁が示した条件はかなり厳しく我々個人投資家が出来るだけ損をしないような金融商品に厳選していますが、その中でもインデックス投資信託がオススメです。

・インデックスファンド

日経平均株価やTOPIXといった指数に連動するように設計された投資信託

・アクティブファンド

指数を上回る、または指数に捉われずにリターンの獲得を目指す投資信託

ここだけ見るとアクティブファンドの方が良いじゃん??と思われるかもしれませんが90%のアクティブ投資信託はインデックス投資信託に運用成績で負けていますので安定的な運用で良いという方はインデックス投資信託で良いでしょう!

指数と言うのは資本主義経済と一緒に成長するものですので、長い年月をかければ安定的な運用益を得ることができます。

最近では厚切りジェイソンが米国の有名指数ニューヨークダウに連動したVTIに投資すれば、20年以上のスパンだと年利6.7%の運用益を複利で得ることが出来ると紹介しました。

ちなみに僕もニューヨークダウに連動した投資信託である楽天VTIにつみたてNISA口座を使って毎月33,333円の年間40万円を投資しています。

僕がつみたてNISAを通じて楽天VTIに投資しトータルリターン20%以上の含み益で運用が100万円を突破したときの記事はこちらです。

つみたてNISAの評価額が100万円を突破しましたつみたてNISAの積立を始めたのが2019年の11月ですので足掛け1年9か月でしょうか! この度つみたてNISAの評価額が100万円を突破したので報告します。...

コロナ以降は無次元の金融緩和で株式の調子が良かったので今後はこうはいかないかもしれませんが年利6.7%あれば充分だと思います。

新社会人がつみたてNISAを満額運用したときのシミュレーション

運用のシミュレーションは毎月33,333円を20年間を年利6.7%で運用した場合でいきます。

シミュレーションには楽天証券のサイトを用いています。

こちらのように年利6.7%で20年間運用すると元本40万円×20年間の800万円が複利効果で1670万円になります。

大卒22歳で仮定すると42歳になるころにはつみたてNISAだけで1670万円の金融資産を得ることができます。

さあ驚くのはここからです。

新入社員のあなたは20年間運用してもまだまだ42歳です。60歳まであと18年あります。

年利6.7%で22歳から60歳までの38年間運用した場合のシミュレーションを見ていきましょう!

素晴らしいですね。元本40万円×38の1520万円が複利効果で6900万円になります。

ここで一点注意ですが、つみたてNISAの非課税機関は20年のため20年以降の18年間は利益に対して20%の税金がかかります。

Jさん
Jさん
若さって素晴らしいねということが分かったと思います。積立NISAをするだけで老後2000万円問題は余裕で解決ですね!

ここまでは満額運用することだけを紹介しましたが、毎月1万円とかでも十分複利の恩恵を得ることが出来ますので楽天証券のサイトで計算してみることをオススメします。

まとめ

新社会人の方いかがでしたでしょうか??

ほとんどの新入社員は手取り16万円ぐらいかと思いますが、その中の毎月3万円程度を積立NISAに回すだけで複利効果で老後2000万円問題だけでなく、将来不安を抹消できると思います。

若いうちは遊ぶことも大事かもしれませんが、少しばかりの余剰金をつみたてNISAに回すことをオススメします。

twitterでも新社会人の方にはつみたてNISAを運用することをオススメされていますよ!

つみたてNISAを運用するのであればLINEポイントも使えるLINE証券がオススメです。LINEポイントなどお得に使って投資信託を積み立てていきませんか??

LINE証券への無料登録はこちら

ここまで読んでくれた方は金融資産の複利効果で資産を築けることが分かったかと思います。

日本は経済成長が止まっており生活が困窮している言われておりますが、富裕層は金融資産をもつことで資産額はどんどん増やしています。でも日本は経済成長していないのになぜ富裕層は増えてるのって??疑問がありますよね。

なぜここまで経済成長が止まっている日本の中で富裕層が増えている理由はこちらで記事にしています。

日本の富裕層の割合は減るどころか圧倒的に増加傾向です日本の富裕層は減るどころか圧倒的に増加傾向にあるということを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 コロナショックなどで景気の停滞が囁かれていますが、富裕層の数は減るどころか増えています。...

↓↓↓応援クリック励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA