銘柄分析

インデックス投資は楽天VTIだけひたすら積み上げでも良いかも

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです

僕は指数に連動する投資方針であるインデックス投資家でありますが、最近このようなツイートを目にしました。

小淵さんは投資信託で楽天VTIETFでVTIに投資するインデックス投資家です。

VTIというのはアメリカの有名指数であるニューヨークダウに連動する銘柄であり、アメリカ経済の成長の恩恵を受けることが出来ます。

小淵さんは毎日のように、楽天VTIとVTIの含み益をツイートされていまして、2021年11月9日現在では671万円の含み益となっています。

Jさん
Jさん
ちなみに僕もつみたてNISA制度を用いて楽天VTIに投資しています。

小淵さんに何があったかかは知りませんが、我々インデックス投資初心者にとっては常に前を向いて先導してくれる先駆者であるため、僕は心強く思っています。

また、世界経済の成長を先導しているのは日本や中国、欧州ではなくアメリカであることは周知の事実だと思います。

アメリカが経済の先駆けとするのであれば、日経平均や欧州の有名指数に投資するのではなくアメリカ経済の有名指数に投資するのが最適解と言えるでしょう。

アメリカ経済の有名指数は、ニューヨークダウに連動するVTI、アメリカの上位500社に連動するS&P500、IT関連やハイテク関連に連動するNASDAQが有名です。

この中でもっとも歴史が古く、アメリカ経済全体に連動するのがニューヨークダウに連動する銘柄はVTIとなります。

S&P500が最強とかNASDAQが最強と言われたりもしますが、最も安定感あるのがニューヨークダウ指数ですのでVTIへの投資が精神的な意味を含めて最適解と言うのも納得がいきます。

簡単にですが、VTIと楽天VTIについてはこちらです。

VTI:アメリカのバンガード社が運用するニューヨークダウに連動する信託商品

楽天VTI:楽天を通じてバンガード社のVTIを日本円で購入できる信託商品

楽天VTIは楽天証券やSBI証券から購入可能となっています

ここからは、投資初心者の方は円をドルにいちいち換金してからVTIを買うより、日本円で直接購入できた方が安心だと思いますので楽天VTIに絞っていきます。

楽天VTIであれば、日本の制度であるつみたてNISA制度も使えますので資産形成期の僕たちみたいな初心者にも安心して購入できる銘柄となっています。

finviz dynamic chart for  VTI
出所:finviz

こちらがVTIのチャートとなっておりまして楽天VTIはこちらのチャートと同様の成績を収めることができます。

インデックス投資家のうちは、どれに投資しよう??とか悩みますが僕的には楽天VTIにひたすら積み上げるのも正解の一つだと考えています。

僕はつみたてNISAで楽天VTIに投資していますが、2019年の11月から初めて2年程度経過していますが、30万円以上の含み益を得ることが出来ています。

楽天VTIにひたすら積み上げて評価額が100万円を超えたのがこちらの記事で紹介していますので、楽天VTIが気になってる方は参考にしてください。

つみたてNISAの評価額が100万円を突破しましたつみたてNISAの積立を始めたのが2019年の11月ですので足掛け1年9か月でしょうか! この度つみたてNISAの評価額が100万円を突破したので報告します。...

↓↓↓応援クリック励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA