MENU
米国ETF

【VIG】バンガード米国増配株式ETFが長期投資には最強

皆さんこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです。(@engineer_spyd)

今回は、米国ETFのVIG(バンガード米国増配株式ETF)について紹介します。

本記事を読むことでVIGの構成銘柄から運用方針について知ることが出来ます。

VIGは僕もコア銘柄として投資しております。

高配当でもなく指数のVOOでもなく投資している大きな理由としては、10年以上分配金を増配している企業銘柄の詰め合わせパックであり

確実な資産形成と共に年に4回の分配金にも期待できる欲張りな僕には最適な投資銘柄と判断しているからです。

ここからはVIGに関して解説していきますので期待して読んでください

VIGの概要

名称バンガード米国増配株式ETF
運用元バンガード社
運用方針米国籍のETF (上場投資信託)。ナスダック米国ディビデンド・アチーバーズ・セレクト指数に連動する投資成果を目的とする。米国の中型・大型株を保有。過去10年間連続増配の米国の普通株(REITを除く)への投資に注力する。
経費率0.06%
総資産額630億$
3か月トータルリターン-0.05%
3年トータルリターン11.12%
5年トータルリターン12.49%

bloomberg社より引用(2022年8月更新)

finviz dynamic chart for  VIG
出所:finviz

VIGはコロナショックでもVOOやVTIなどの有名指数銘柄よりも下落率が低く安定志向の僕としてはうってつけの銘柄となっています。

経費率も0.06%となっており流石バンガード社の運用であり超安い経費率です

株単価も安定的に右肩上がりになっていますので、VIGをコア銘柄にするのであれば余裕資金が出来たタイミングで購入するべきです。

つまり、いつ買っても良い銘柄であり高値掴みではなく今が安いのです!!

VIGの組入銘柄

上位銘柄については下表となっており、だれもが知る安定企業が羅列されております。

名称数量値(10億$)ファンドの割合(%)
4.89 百万2.65 4.16
8.99 百万2.52 3.96
13.72 百万2.39 3.76
15.32 百万1.77 2.77
8.30 百万1.76 2.76
12.63 百万1.75 2.75
5.45 百万1.64 2.57
4.50 百万1.59 2.50
20.35 百万1.31 2.05
7.21 百万1.26 1.98

bloomberg社から引用(2022年8月現在)

マイクロソフトやホームデポなど安定した企業が羅列されています。

安定的に成長が出来る企業であるからこそ連続増配が出来るということですね

また、直近の2022年6月の分配金も0.6949$となっており過去1の配当金を僕たち株主に放出頂いております。

VIGは名前の通り連続増配銘柄ですので今後も配当金が少しずつ増えていくのを狙っていきたいですね。

チマチマと買い増しを進めていき、配当貴族になることを夢見たいと考えております。

vigの保有状況

2022年8月現在はVIGを105株保有しております。←2022年8月に45株買い増し

これからも長期保有銘柄としてコツコツ買い増ししていきたいですね




まとめ

コロナ渦においてもVIGはグングンと成長している銘柄です。

VIGは連続増配をしていく銘柄ですので我々のような長期投資家にとっては最適かもしれません。

今後も増配を続けていただき配当貴族になりたいですなあ。

配当金収入は夢がたくさんつまっていますね

ちなみにですが投資本を出版されているエルさんもVIGへの投資額が一番多いとのことです。

米国株に投資するなら業界屈指の格安手数料のSBI証券がオススメです。

SBI証券 口座開設(無料)

SBI証券

高配当ETFであればVYM、連続増配であればVIGですが双方とも配当投資家の中でも人気の銘柄ですので、個人的に比較してみた記事はこちらとなります。

資産形成に加えて分配金も狙える【VIG、VYM】を比較!配当株の中には分配金(インカムゲイン)を重視するあまり全く株価の成長(キャピタルゲイン)が得られないものも数多く存在増します。 その中ではVIG、VYM共に株価成長と分配金を合わせて取得できるため非常にお勧めな銘柄と言えます。 どちらのETFがお勧めかを解説していきます。...

投資は自己責任で!

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村