お金の知識

独身と既婚を比較すると既婚の方がお金持ちの割合が高い傾向にある

Jさんです

独身の方が良いのか既婚の方が良いのかというのは永遠に語り継がれる話題となっています。

最近リベラルアーツ大学の両学長の方でもyoutube動画において全米の億万長者世帯の9割が既婚であると動画にして話題となりました。

元ネタはこちらです。

ではなぜ??既婚の方がお金が貯めやすいのか!!大きく分けてこちらの3点となります。

・家事を分担できる

・生活費を節約できる

・共働きによる収入増加

Jさん
Jさん
ここからは一つ一つの項目を見ていきましょう!

家事を分担できる

家事を分担できると聞いただけでは、俺(私)は一人でも自立して家事をすることが出来る!と言う方もいるかもしれません。

実は僕もその一人でした。

22歳から社会人として1人暮らしを経験することで、炊事、家事の一連の作業は一人前に出来るようになりました。

でも考えてください!もし自分がトイレ掃除やお風呂掃除をやっている間に片方がご飯を作ってくれているなどの状況を作り出すことが出来たら時間の節約が可能です。

休日を例に挙げると、一人暮らしの時はトイレ掃除、お風呂掃除に加えて床の掃除などをしていると気が付けば1時間とか時間が経過してしまっており、昼前にご飯を作っているとあっという間にお昼になってしまっておりました。

しかし、二人であれば片方が掃除をしている間に片方が料理担当などに分けていれば余裕を持ってお昼を迎えることができます。

ちなみに僕がこのようにブログ記事をかけているのも家事を分担することで一人ひとりの自由時間を捻出しているからです。もし、一人で暮らしていれば時間に余裕などなくブログ記事を作成することなど出来なかったでしょう!

僕は結婚2年目からブログ運営を開始して、運営を開始して2年がたった今では月額1~3万円の副業収入を得ることが出来るようになりました。

こちらも家事を分担してお互いの自由時間を捻出することが出来たからと言えるでしょう!

ブログ運営と検索すると月額1000円とかのサーバー費用が必要と言われますが、素人ブロガーにはそんな大層なサーバーは必要ありません。しかも、月額1000円のサーバー代を捻出するには年間12,000円の利益が必要ですのでなるべく格安のサーバーを契約することをオススメします。

僕の契約したサーバーであれば月額550円程度でブログ運営可能ですので、こちらの記事を参考にしてください。

【ロリポップ×ムームードメイン】超格安の月額550円でブログを始める方法世間一般のブログはWordpressというサービスを用いて運営されています。 しかし、ブログ運営にはサーバー契約とドメインの取得が必要で、ブログを開始される方で一番最初に躓くのが、ここになるのではないでしょうか! 僕と同じような悩みを持つ方のために【ロリポップ×ムームードメイン】でのWordpressの始め方を紹介します。...

生活費を節約できる

意外に既婚のメリットで軽視されているのがこちらの生活費の節約です。

生活費の節約を大きく分けるとこちらでしょうか。

・住居費が節約できる

・光熱費が節約できる

・食費が節約できる

・住居費が節約できる

一人暮らしで1Kに住んでいると仮定すると家賃が5~6万ぐらいだと思いますが、2人暮らしになったとしても2倍になるわけではありません。

2人暮らしだと1LDK or 1LDKに住むと思いますが家賃なんて7~8万円程度です。

都会だと多少変わってきますが、都会だと1Kが8万で、1LDK or 2LDKが10万円とかではないでしょうか。

どのみち2倍になるとかではなく、既婚で生活する方が一人当たりの出費は減る方向になります。

・光熱費が節約できる

光熱費は割と有名ですよね!

一人暮らしだと光熱費が12000円、水道代が3000円とかでしょうか。

2人暮らしになったとしても2倍になるわけではなく、せいぜい1.5倍ではないでしょうか。

2人で1.5倍なのであれば1人あたりの負担は0.75倍になるため負担は減ります。

ちなみに僕の場合は、独身時代のアパートがプロパンガスで毎月10,000円レベルのガス代を払っていました。しかし、今は都市ガスのアパートに住んでいるため冷暖房を使わない時期であれば電気ガス合わせて10,000円以内に収まることもありかなりの節約になったりしています。

もし、今から1人暮らしや2人暮らしを検討している方は多少家賃が安くても絶対にプロパンガスの住居は選ばないようにしてください!!家賃以上にガス代で損します!!

・食費が節約できる

こちらは冒頭でも書きましたが、一人暮らしだとなんやかんや外食してしまったりコンビニの弁当で済ませてしまったりしてしまいがちです。

お酒を飲まないと仮定しても晩御飯1食あたり1,000円程度は必要です。(僕はお酒が好きなので缶ビール2本追加したりしていました。)

ここで既婚で2人で暮らすと誰かがご飯を食べてくれるってことで早く帰宅した方のどちらかがご飯を作るようになります。

自炊であれば2人で700円程度で済ますことが出来ますので、かなり節約になりますね。

また、コロナになってからメディアでも節約が話題になりましたが、僕が実践した内容はこちらで記事にしています。

今からでもすぐに出来る節約術を5選紹介します!!僕自身株式投資を主軸に資産形成に励んでいる30代既婚男性です。 株式投資の世界においては入金力が全てと言われており、入金力を高めるためには 日々の固定費の節約や無駄遣いの削減が重要であると断言できます!!...

共働きによる収入増加

こちらは有名ですよね!!

現代社会では30代の平均年収が300万円と言われていますが、共働きだと世帯で600円の収入になります。

別の章で一人暮らしの家賃が5万円、2人暮らしの家賃が7万円と紹介しましたが既婚で世帯年収と言う形で収入を増加させることで一人あたりの家賃負担も減ります。

また、メディアで話題になっている老後2000万円問題についても、2人で協力することで達成できる可能性も高くなります。

男女雇用機会均等法により男性も女性も関係なく働ける社会になっていってますので、男女間での所得差は減少傾向です。

そのため、一人で稼ぐ収入には限界がありますので、子供ができるまでは2人で共働きすることで収入の最大化を図るべきだと僕は考えます。

生活費や環境については世帯年収600万円で地方都市であれば充分幸せな暮らしができるについてはこちらで記事にしました。

地方都市なら共働き世帯年収600万で裕福な生活が送れますここまで共働きで世帯年収600万で地方都市に住めば豊かな生活が送れますよ?ってことを紹介してきました。 読んでくれた方いかがでしたでしょうか?? 世帯年収は高ければ高いほど良いのは確かですが、僕としては世帯年収600万で身の丈に応じた生活を送れば夫婦仲良く幸せな生活を送ることができます。...

老後2000万円問題については、夫婦でつみたてNISAを満額運用すれば達成可能であることはこちらで記事にしました。

夫婦でつみたてNISA満額の80万を運用で老後2000万円問題解決いかがでしたでしょうか?? 夫婦で積立NISAを満額80万円の運用することは老後2000万円問題を解決できるだけでなく、将来不安もなくなりメリットしかないと言えます。 善は急げ出すので、早急につみたてNISAの運用を開始することをオススメします。...




まとめ

ここまで読んで頂いていかがでしたでしょうか。

日本社会は結婚はムダであり一人で暮らした方が気楽に生きれると話題になっていますが、愛してあっていることが前提ですが、既婚で豊かな生活を送った方が幸福感は上がると考えています。

繰り返しになりますが、既婚によるお金が貯めやすい3大メリットはこちらです。

・家事を分担できる

・生活費を節約できる

・共働きによる収入増加

若いうちにお金を貯めれば貯めるほど中年になった時や老後は豊かな生活を送れますので、僕的には既婚も悪くないのじゃないかな??と個人的には思っています。

今回は既婚の方がお金が貯めやすいということを紹介しましたが、共働きで収入を最大化することで生活の質も上がります。

共働きにより生活の質があがるについてはこちらで記事にしています。

現代社会において共働きは生活の質が向上しますよ!結婚して2年が経過し、現時点30歳の僕が結婚して生活の質が向上したことを紹介し、独身の方々に結婚は素晴らしいよと言うことランキング形式でお伝えします。...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA