お金の知識

米国株に投資してキャピタルゲインを得るのが資産形成の近道

Jさんです

従来はサラリーマンとして60歳まで勤め上げれば、残りの生活は国の制度で面倒見てもらえることが出来ていました。

しかし昨今の日本では老後2000万円問題年金をもらえる年齢の延長や削減などで将来不安が広がっていますね。

ではどのようにすれば豊かな老後であったり将来不安をなくすために資産形成を進めていけば良いのかを考えていかなくてはいけません。

将来不安の解決策として、米国株に投資してキャピタルゲインを得ることが資産形成の近道であると提唱したいと思います。

Jさん
Jさん
ここからはキャピタルゲインって何??何で米国株に投資するのが資産形成の近道なの??てことを紹介したいと思います。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインっていきなり横文字を使われても難しいですよね。

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。

引用元:SMBC日興証券

こちらがSMBC日興証券が分かりやすく解説してくれていますね。

株式や債券というのは資本主義社会では、右肩上がりで価値が向上していくものですので、安い時に買って価値が上がってきたタイミングで売却し売買差益を得るのがキャピタルゲインと言います。

キャピタルゲインについては理解が深まったと思いますが、どうせ税金がかかるんでしょ??て疑問にもここから答えていきます。

キャピタルゲインにかかる税金

キャピタルゲインに関する税金については、野村證券が詳しく解説してくれています。

有価証券の譲渡による所得(=キャピタルゲイン)に対する課税。所得税、住民税が課税されることが原則となっている。なお、2013年1月1日から2037年12月31日までの間、復興特別所得税が所得税に上乗せされる。税率は合計で20.315%

所得税+復興特別所得税: 15%+(15%×2.1%)=15.315%
住民税: 5%
税率: 15.315%+5%=20.315%

引用元:野村証券

キャピタルゲインにかかる税金は利益に対して20.315%です。

利益に対して20.315%もかかるの??

100万円の利益に対しても約20万円国に税金とられるなんてあんまりだよ!!とここだけ読んだら思われるかもしれません。

安心してください。ここから少しだけ皆さんのお給料の税金で補足説明してみます。

給与所得にかかる税金

給与所得にかかる税金は主に所得税と住民税があります。

まず所得税について見ていきましょう!

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

年収が330万円を超えた時点で所得に対して20%を所得税でとられてしまいます。

また、殆どいないかと思いますが年収が4000万円を超えている場合は45%も所得税がとられてしまいます。

1億円の年収がある場合は所得税45%なんて恐ろしい話ですよね!

ここから更に住民税がとられます。

住民税に関しては住んでいる市町村などによっても変わりますが、基本的には所得の10%と覚えておいたら良いでしょう!

キャピタルゲインと所得に関しての税金を簡単にまとめると

キャピタルゲイン

利益に対して20.315%が税金として徴収

サラリーマンの税金

所得税:年収330万円以上稼いだら20%以上

住民性:所得に対して約10%

この時点でサラリーマンとしての収入よりキャピタルゲインで稼いだ方が資産形成をしやすいことは分かったと思います。

でもキャピタルゲインといっても何に投資すればよいの??不動産とか怖くない??みたいな疑問があると思います。

僕としてはキャピタルゲインで資産形成するのであれば米国株に投資していくのが最大の近道であると考えており、紹介していきます。

米国株でキャピタルゲインを得るのが資産形成の近道

米国市場は世界最大の成長産業があり、世界経済は米国中心に回っていると言っても過言ではありません。

僕たちの日常生活において

ネット通販:アマゾン

スマホ:Google or アップル

SNS:メタ

パソコン:Microsoft or アップル

ネット検索:Google

どれをとってもアメリカの超巨大企業のシステムを使っており、米国の技術は切っても切り離されない関係となっています。

ここからはなぜ米国株への投資??という疑問を払拭さえていきますね。

なぜ米国株への投資がキャピタルゲイン獲得に繋がるのか

まず投資の基本は可能な限り損をしないことです。

損する確率を限りなく減らす方法をインデックス投資といいます。

インデックス投資とは、「インデックス(市場の動きを示す指数)」と同じ値動きをすることを目指して運用する投資手法のことです。

インデックス投資の代表例を日本とアメリカで見ていきましょう

  • S&P500
    • アメリカの代表的な500銘柄の時価総額をもとに算出
  • NYダウ(ダウ工業株30種平均)
    • ニューヨーク証券取引所やナスダック市場に上場している米国の代表的な30銘柄をもとに算出
  • 日経平均株価(日経225)
    • 日本の代表的な225社の平均株価
  • TOPIX
    • 東証一部上場全銘柄の時価総額をもとに算出

引用元:invest Navi

ここで簡単に米国の代表指数のNYダウ(ダウ工業株30種平均)と日経平均株価(日経225)を比較してみましょう!

青のグラフがNYダウでオレンジ色が日経平均株価となります。

一目瞭然となりますが、日本に投資するよりアメリカに投資した方が株価の上昇を見込めることがわかります。

また、バンガード社はNYダウに連動するETFのVTIという上場信託商品を出しており最近では厚切りジェイソンさんがVTIに長く投資した複利効果で富を築かれましたね。

キャピタルゲインを獲得した資産の使い方は??

キャピタルゲインで資産形成をしたからといってお金は使わなければ意味がありません。

アメリカの経済市場は年利5~6%で上がりながら推移していきます。

年間の切り崩しを5%未満にすれば資産は減らないどころか複利で増えていきます。

また、老後になっていけば自分にお金を残す必要もないので株式で増やしたキャピタルゲインを残りの老後資金と相談しながら切り崩していけば良いでしょう!

どこまでいっても日本の年金制度として、頂ける年金が減ることはあってもなくなることはありえませんので、老後は年金+キャピタルゲインの切り崩しが一般的な生き方になるかもしれません。

逆に20代~30代の若いうちにサラリーマンとして稼げている場合は、ガンガン米国市場にお金を回すことで資産を気づいてしまえば、サラリーマンとして働かなくても生きてことも可能です。

これがFIREという考え方ですね。

キャピタルゲインでFIREを達成していきましょう

まずFIREとは??を説明しましょう。

FIREとは、「Financial Independence, Retire Early」の略語で経済的自立と早期リタイアすることを意味しています。FIREは1980年代~90年代に生まれた「ミレニアル世代」を中心にアメリカで流行している考え方で、最近では日本でも注目されています。

引用元:QUICK MONEY WORLD

アメリカで生まれたFIREの理論は、資産を年収または年間支出の25年分貯めること、貯めた資産を4%の年利で運用するのが基本ルールです。

1年間の生活費が400万円と仮定すると必要金額1億円を米国株に投資しておけば5%以上の年利が得られることになります。

つまり1億円の資産を米国株に投資して、毎年4%=400万円で生活しておけばお金は増え続けながら永久に生活できることになります。

これでFIREが達成されます。




まとめ

米国株に投資することでキャピタルゲインを積み上げることが資産形成の近道であることが分かったと思います。

資産形成は長い道のりですが資産は複利的に増えていきますので正しい投資先にお金を寝かせておけばゆっくりゆっくり資産額が増加します。

現代社会ではつみたてNISAやidecoなど税制が優遇された資産形成のための制度も充実してきていますので、この機会に始めてみてはいかがでしょうか!

つみたてNISAで老後2000万円問題を解決については、こちらの記事でまとめています。

夫婦でつみたてNISA満額の80万を運用で老後2000万円問題解決いかがでしたでしょうか?? 夫婦で積立NISAを満額80万円の運用することは老後2000万円問題を解決できるだけでなく、将来不安もなくなりメリットしかないと言えます。 善は急げ出すので、早急につみたてNISAの運用を開始することをオススメします。...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA