米国ETF

【TECL】Direxion テクノロジー株3倍 ETFが強い

こんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです

ハイテク!!ハイテク!!とアメリカ経済はIT業界の急拡大により急成長を続けています。

今後の世の中はハイテク産業が市場を支配することが予想されますので、ハイテクにレバレッジをかけた投資銘柄に話題が集められています。

ITセクターに3倍のレバレッジをかけた【TECL】を見ていきましょう。

TECLとは

名称ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズ
運営元Direxion Investments
運用方針米国籍の上場投資信 託。テクノロジー・セレクト・セクター指数の運用実績の3倍(300%)の投資成果を目指す。
経費率0.95%
設定日2008年12月17日
総資産額24億$
3か月リターン-27.94%
3年リターン53.08%
5年リターン52.56%
取扱証券会社楽天証券、SBI証券

bloomberg社より引用(2022年4月更新)

テクノロジー・セレクト・セクター指数の運用実績の3倍(300%)の投資成果を目指すETFとなっています。

インデックス投資家は、経費率を重視してインデックスに投資するETFであれば0.1%未満が常識ですが指数実績の3倍を目指すのであれば0.95%は格安と言えるでしょう!

ここ最近は多少の調整がはいったりしており3か月のリターンは-38.24%となっていますが

5年間のトータルリターンは52.56%となっており、長期目線でも投資対象の銘柄と言えます

TECLの構成銘柄

名称数量ファンド割合(%)
2.49 百万424.21 百万5.12
415.48 百万415.48 百万5.01
1.37 百万405.68 百万4.90
306.42 百万306.42 百万3.70
127.28 百万127.28 百万1.54
313.27 千72.43 百万0.87
315.01 千68.35 百万0.82
163.93 千57.75 百万0.70
78.42 千46.03 百万0.56
801.10 千43.48 百万0.52

Bloomberg社のホームページから引用しています。(2022年4月更新)

テクノロジー・セレクト・セクター指数の運用実績の日々の値動きの3倍の実績を目指すだけあって銘柄がコロコロ変わりますので、

本ブログでも観察しながら随時更新していきたいと思います。

TECLの株価のリアルタイムチャート

finviz dynamic chart for  TECL
出所:finviz

上記がTECLの株価のリアルタイムチャートとなります。

コロナショックで大きく暴落しましたがそこを除けば綺麗な右肩上がりのチャートを示しています。

最近では調整により単価が50$台となっており比較的購入しやすい銘柄となっています。

どこまでいってもTECLはレバレッジ投資ですので

僕としては、お小遣い稼ぎの範囲で余剰資金を投入することをお勧めします!

暴落時には驚くほど株価が下がりますのでTECL全力は辞めましょうね!

暴落局面の注意喚起はこちらで紹介していますので参考にしてください。

【暴落時注意!】レバレッジ投資の危険性理解してる??レバレッジ投資と言うのは株価が爆発的に伸びる時期に、異常な勢いで成長するあまり一攫千金の大チャンスですが 暴落の際は指数が20%しか下がっていないので突如40%とか50%とか下がったりしますので、一夜のうちに絶望してしまい市場から退場を余儀なくされてしまいます。 投資2年目の若輩ですがレバレッジ投資に羨望が集まる理由と危険性について紹介していきます。...




まとめ

今回は、ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズについてまとめてみました。

今後はハイテクの時代といっても過言ではなく中長期目線でも伸び続けるセクター分野と言えるでしょう。

しかし、レバレッジ投資はリスクもかなり含んでいますので、本記事を読んでちょっと触ってみたいかな??と思ってくれた方は

ボーナスなどで余剰資金が入ったときに挑戦してみてはいかがでしょうか!

冒頭にも紹介しましたレバレッジ投資全力マンはTECL→SOXL→CWEBと銘柄を乗り換えています。

レバレッジ投資全力マンの軌跡を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

【CWEB全力マン爆誕】レバレッジ投資全力マンを応援したい!この度レバレッジ投資界の雄であるSOXL全力マンがCWEB全力マンに転身しました。 コロナショックの低迷時にレバレッジ投資商品であるTECLに500万の元手で投資し、SOXL→CWEBと投資商品を変更することで全力マンは4000万円以上の資産を持つことに成功しています。 本記事ではレバレッジ投資全力マンを遍歴を消化します...

投資は自己責任で!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ