家計管理

500万円を貯金すると精神的に楽になるの知ってる?

こんにちはJさんです

岸田政権になってからというもの増税増税で日に日に生活が苦しくなってきていることが実感できます。

増税して国民の生活が苦しくなるということは、社会不安が増えて治安が悪くなったりして僕たちの精神的不安を助長するようになります。

サラリーマンとして安定して働いているといっても、お金がないから働き続けるしかないし家族が出来ると、こいつらを守るために頑張らないと!!と精神をすり減らしながら頑張っているのが日本国民だと思います。

そんな時に唯一守ってくれるのはお金だと僕は思っています。これは綺麗ごと抜きです。

お金じゃ幸せが買えないとか、お金がなくても愛する家族がいれば幸せだと言う人もいますが総じて嘘だと僕は思っています。

そんな中、僕がお勧めしているのがまずは500万円というお金を貯めるってことを推奨したいと思います。

ぶっちゃけ500万円あれば精神的にも楽になりますし、日々生活する上でなんとなーくですが生活にゆとりをもてるようになります。

Jさん
Jさん
ここからはなぜ500万円をまず貯めた方が良いのかと、500万円あるとなんで精神的に楽になるかを紹介していきますね。

なぜ500万円を貯めた方が良いのか

巷では貯金が全く存在しない人がたくさんいるみたいです。

さらに貯金が全くない人は心に余裕がなく、日々イライラしているような気がします。

貯金の最初の関門は100万円とかだと思いますが、100万円ではさほど心に余裕はもてません。(100万円を貯めるのも大変な世の中になってきた気もしますが・・・)

ですが500万円という壁を超えると少し違った未来が見えてきます。

ここからはこちらの順でなぜ500万円を貯めた方が良いのかを紹介していきますね。

・500万円を貯めることができるのは極めて少数派

・医療保険が不要になる

・生活防衛費を持ったうえで資産運用することができる

500万円を貯めることができるのは極めて少数派

この記事を見ている方はどのような方なのでしょうかね。

当ブログは資産形成ブログなので、これから投資を始めたいであるとか長期投資を一緒に続けたい方が見てくれていると信じています。

そんな中、貯金500万円を貯めることができる割合ってのを見ていきましょうか!

年代平均値中央値500万円以上保有率
20代106万円5万円5.1%
30代359万円77万円24.0%
40代564万円50万円25.1%
50代926万円54万円29.6%
60代1335万円300万円42.1%

引用元:「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)」

最初に注記ですが平均値では一部のお金持ちが釣り上げてしまうため自分がどの位置にいるかを把握するには中央値がオススメです。

そんな中単身世帯では、どの年代を見ても貯金500万円を超えている割合が50%を超えないということです。

ですので、単身世帯で貯金500万円を持つということは日本の半数より上位に君臨しているということになります。

続いて2人以上世帯を見ていきましょう!

年代平均値中央値500万円以上保有率
20代165万円71万円10.5%
30代529万円240万円31.0%
40代694万円365万円39.2%
50代1194円600万円48.0%
60代1635万円650万円51.2%

引用元:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)

2人以上世帯であっても貯金500万円を超えるのが半数に達するのは60代という結果となりました。

どうでしょうか??この結果を恐ろしいと見るかみんなで貯金少なすぎと見るかはあなたの貯金状況によりますが日本人は案外貯金500万円を持っていないということが分かります。

特に20~30代で貯金500万円をもつということは希少種であるかもしれませんね。

医療保険を解約できる

では貯金が500万円あると生活がどのように変わっていくのでしょうかね。

まず考えることが出来るのは健康ではないでしょうか。

僕は保険不要論者ではありません。お金のない新入社員時代などは貯金が0だと仮定すると万が一病気になって入院した時に病院の差額ベッド代が払えなかったら大変なので多少の医療保険には加入すべきだと思っています。

ですが貯金500万年に到達すると多少の病気になって入院することになっても入院費用ぐらいは捻出できるでしょう。

三大疾病などの手術費用は高額医療制度があるため収入によりますが8万円程度払えばよいし、差額ベッド代を加味しても30万円程度あれば余裕でしょう。

月額5000円の保険料を10年間払うと仮定すると年間6万円×10年で60万円なので、仮に10年に1回30万円が必要になる病気になったとしても(あり得ませんが・・)自己資金で払えますので医療保険が不要という選択ができたりもします。

ちなみに僕は、嫁さんが心配性なのもあるのと保険不要論者ではありませんので月額2000円程度の県民共済に加入しています。

正直県民共済も不要だと思っていますが、夫婦円満になるのであれば月の2000円程度の支出は必要経費でしょう!

生活防衛費を持ったうえで資産運用することができる

貯金ができたら最近話題の投資にも挑戦することができますね。

どの投資本を読んでも、投資は生活防衛費を確保した上でなくなっても良いお金でしましょうって書かれています。

正直なくなっても良いお金なんてものは存在しませんが、生活防衛費がない状態で投資してしまうと、含み損になった状態で万がいち資金が必要になったときに投資資金を切り崩す必要が出て来てしまい確定損になってしまいます。

ちなみに本ブログは長期投資を目的とした超長期インデックス投資をオススメしていますので、最低でも10年や20年は保有する投資戦略を推奨しています。(株式投資歴3年程度ですが・・・)

そんな中で貯金が500万円に到達するとある程度の生活防衛費を確保した上で、投資に挑戦することができるので安定した投資計画が立てれるかと思います。

2024年からは新NISA制度も始まりますので、現時点で貯金が全くない方はいまのうちに貯金を貯めて投資に挑戦するための準備を整えるのもありかもしれませんね。

500万円あるとなんで精神的に楽になるか

ここまではなぜ500万円貯めた方が良いのかを紹介してきました。

ここからは僕が最も推奨したいことなんですが、500万円貯めるといろいろな心の変化が出てきます。

つまり精神的に楽になるのです。

ここからはなぜ精神的に楽になるのかをこちらの順で紹介していきますね。

・ほとんどの人が貯金が500万円ないという優越感

・少しの間仕事をしなくても生活ができる

・老後の生活が見えてくる

ほとんどの人が貯金が500万円ないという優越感

先ほどどの世代をとっても半数以上の割合で貯金500万円がないという事実を紹介しました。

人生お金がすべてではないと言いますが、お金がないと人生の選択肢が限られてしまうのも事実です。

僕がざっと思いつくのはこんなところですかね。

・冠婚葬祭といった急な出費に困らない

・家族ができても選択肢がある中で生活できる

・子供の教育費にも常識レベルなら困らない

・趣味などにお金を投じることができる

適当に挙げてみましたが、お金がないと出来ないことがほとんどですし、夫婦喧嘩とかはお金がないことが理由であることがほとんどです。

僕が島田紳助が言ってた少し共感した言葉を紹介しますね。

浮気した場合の嫁さんから発せられる言葉。

お金がない家庭「浮気なんかしやがってどこにそんなお金があるのよ!!」

お金がある家庭「お父さん元気やなー」

浮気はダメですし許されることではありませんが、お金がある家庭であれば心に余裕があることもあり、浮気で一発退場にならない可能性もあったりします。

とにかく貯金500万円あるというのはなんとなーくですが優越感が出てくるので精神的に楽に生活できるような気がしますね。

少しの間仕事をしなくても生活ができる

僕もこの記事を読んでいるあなたと同じくサラリーマンとして働き生計を立てています。

人生に一度はこの仕事辞めたいなあと考えたことがあると思います。

そんな時に貯金が0だったり少なかった場合どうでしょうか。

・家賃が払えないなあ

・明日から(来月から)の生活どうしよう

・実家に帰っていいか親と相談しないと

これだけではないかもしれませんが、短期的な生活の不安を感じてしまいます。

また、転職を考えようにも転職を準備するための無職期間などを作ることも出来ないので、働きながら転職活動をする必要が出てきます。

今どき無職期間があると転職活動に響くとも言われますが、精神的に追い詰められていた場合などは精神疾患になる前に今の職を辞めた方が後々の人生には良かったりします。

このように当たり前のように働いているように思いますが、働き方にも選択が生まれます。

仮に年間の生活費が500万円の家庭であれば1年、年間の生活費が250万円であれば2年間働かなくても生活を成り立たせることができます。

このように、いざ仕事を辞めたいなと思った時に貯金があるのとないのとでは全然違いますから貯金500万円を達成して精神的に楽な状態でサラリーマン生活を送るのが得策と言えるでしょうね。

もし、本記事を読む前から転職を考えている方がいましたら転職前にご自身の市場価値が知ることが大事です。安売りを防ぐためにも転職前に市場価値を確認しておきましょう!

転職活動を始める前に転職市場での市場価値を確認しようご自身の市場価値を知ることは、ご自身が客観的にどのように評価されているかを確認できますので自信に繋がります。 ご自身の市場価値を知ることでより今もらっておいる年収よりも多い年収を見越せる企業に自信をもって挑戦することが出来ます。...

老後の生活が見えてくる

最近日本では老後2000万円問題が騒がれるようになりました。

20代や30代、含めては40代であってもまだまだ10年以上先じゃんと思うかもしれません。

でも、ニュース等で老後2000万円問題と騒がれると定年するであろう60歳や65歳では2000万円が必要であると考えなくても頭の隅には残ってしまいます。

そんな中で貯金500万円あるとどうでしょうか??

2000万円-500万円で残り1500万円あれば老後は生活できるんだ!と考えることができます。

貯金0の家庭は老後2000万円問題なのに、貯金500万円がある自分は老後1500万円問題であり、ちょっと余裕を感じたりしませんか??

さらに貯金500万円貯めれる人は少数ですから、500万円を貯めることが出来たのであれば1000万、2000万円と貯めることも難しくないでしょう!

また、当ブログを読んで頂いている方であれば、つみたてNISAを含めたインデックス投資をすることで年利4%程度を複利で増やしていけば資産は勝手に増えていくという知識もあるでしょう。

僕が既婚てのもありますが、夫婦でつみたてNISAを満額運用するだけで老後2000万円問題は余裕でクリアできます。

夫婦でつみたてNISA満額の80万を運用で老後2000万円問題解決いかがでしたでしょうか?? 夫婦で積立NISAを満額80万円の運用することは老後2000万円問題を解決できるだけでなく、将来不安もなくなりメリットしかないと言えます。 善は急げ出すので、早急につみたてNISAの運用を開始することをオススメします。...

まとめ

ここまで読んで頂きいかがでしたでしょうか。

貯金が0であったり貯金が少ない方は貯金500万円ははるか高い壁に思えるかもしれませんが、貯金500万円を貯めた先に見える世界も違ってきます。

僕的には貯金500万円と言うのは精神的に楽に生活することができる第一歩だと思っています。

社会不安やパワハラ、老後2000万円問題など問題がやまずみで不安なことばかりの日本社会ですが、お金さえあれば解決できることもたくさんあります。

お金では解決できないこともありますが、お金で解決できるのであればお金で解決するのが得策ではないでしょうか??

また、蓄財する上で支出を減らすことも勿論大事ですがシステムを有効活用することも重要になってきます。

最近では、オンラインでの買い物(楽天市場やヤフーショッピング)や契約(証券会社、クレジットカード)、旅行(楽天トラベル、じゃらん)などを利用すると思いますが、ハピタスを経由するとプラスで現金に換金可能なポイントが加算されます。

もし、まだハピタスを利用していないという方はこちらで詳しく説明していますので確認してみてください。

何かを購入する前、サブスク契約前にハピタスにないか確認!!こんにちはJさんですFollow @engineer_spyd ずっとお得だお得だと気づきながらも面倒くさい精神が打ち勝ち、やって...

↓↓↓応援クリック励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA