時事ネタ

【悲報】韓国はチキン店を開業するか餓死かの2択の社会

どうもこんにちは。

ウイスキー投資家のJさんです

韓国の若者の進路はチキン店を開業するか餓死するかの2択ており絶望のニュースが報じられました。

韓国の若者の就職競争は非常に厳しいものがあり、ソウルにある有名大学に進学してサムスンor公務員に就職できなければ人生終わりと言われるほど厳しい社会情勢です。

上記のサムスンや公務員になれる方など人口の割合で言うと0.1割もありません。

つまり9.9割の韓国人が路頭に迷うことが余儀なくされています。

Jさん
Jさん
日本の就職難民やニートなんて全然可愛いものです。

元ネタはこちらの記事となりますが、サムスンや公務員になれなかった韓国人の多くは、

餓死するか、チキン店を経営しています。

ここからは、なぜ韓国がこのような状況になっているかをこちらの流れで紹介します。

・韓国は階級社会である

・韓国企業の退職年齢

・韓国人の生き残る道はチキンしかない

韓国は階級社会である

韓国は階級社会であり庶民がいくら努力しても成り上がるのは難しい社会となっています。

一部の努力で成功した若者は、韓国の有名大学であるソウル大学、高麗大学、延世大学に進学することで、有名企業or公務員に就職で出来ます。

ソウル大学、高麗大学、延世大学は日本で言うと東京大学、京都大学、大阪大学のような大学なので、通常であれば就職率は限りなく100%に近い数値になるはずですが

韓国社会において有名大学に進学しても7割の学生しか就職できないという異常事態となっています。

日本人で東京大学、京都大学、大阪大学への進学できる割合なんて0.1%もあれば良いほうですので、いかに韓国が異常な階級社会になっているかがわかりますね。

僕は国公立大学の中で偏差値50程度の大学を出ただけで、一部上場企業に就職できていますので、日本はまだまだ恵まれた社会ですね。

Jさん
Jさん
日本に生まれた時点で、宝くじに当たったみたいなものですよ!。

韓国企業の勤め人の退職年齢

日本の退職年齢は現状60歳で今後は65歳や70歳と言われています。

しかし、韓国では40歳過ぎで肩たたきに遭い、45歳では退職にあうという社会構造となっています。

更に拍車をかけるのが日本と違って退職金など出ないケースが多く、退職した瞬間に路頭に迷う人もいます。

Jさん
Jさん
日本は簡単に首にもなりませんし、退職金も出ますのでかなり恵まれています。

韓国では更に困ったことに45歳で退職した後にほとんどの方が再就職できません。

日本社会も同様ですが、45歳の管理職の男性女性がいきなり社会にほっぽりだされてもかなり厳しいイメージがありますが、想像するだけでも怖いですね。

僕が韓国人の庶民の立場であれば、45歳で人生を終了したいかもしれませんし、韓国で自殺が恐ろしい勢いで増えているのも納得できてしまいます。

韓国人の生き残る道はチキンしかない

ここからは韓国人の働き方について見ていきましょう!!

ネットで話題になったのがこちらの画像となります。

起業してCEOになってもチキン店。文系が就職するとしたらチキン店。理系が就職するとしてもチキン店。チキン店に就職できなければ餓死するしかない。

こちらは韓国の若者の絶望を表す画像となっており、日本人の僕らから見ても恐ろしいなと想像できてしまいます。

韓国ではチキン店が約36,000店舗あるのですが、マクドナルドの全世界の店舗も36,000店舗ですので、いかに韓国のチキン店の数が多いかがわかります。

Jさん
Jさん
全世界のマクドナルドの店舗数を超えるチキン店が韓国にあるって純粋におかしいですよね??

なぜ、韓国では開業するうえでチキン店が人気かというと

チキンは肉の中でも最も安い鶏肉という素材であることと、サラダ油があれば鳥の唐揚げが作れ、初期資金180万円程度で開業できるのもチキン店が増える理由となっています。

韓国国内にチキン店が多くあることもさることながら、こちらの画像も衝撃となっています。

韓国では少ない初期投資で開業できるチキン店に人が群がるのも異常事態ですが、3年で49%が廃業するというのも衝撃となっています。

韓国の若者や45歳で退職した方々は、チキン店を開業するしか人生の進路がないにも関わらず、開業したとしても廃業し餓死する恐ろしい社会構造です。

有名大学に進学し優良企業or公務員に就職できた一部を除いては、チキン店を開業するしか生き残る道がなく、

開業したとしても3年以内にほぼ半分が廃業の上、餓死してしまうという恐ろしい国となっています。

Jさん
Jさん
韓国はもう先進国ではないのかもしれません

冷静になって考えると僕の住む愛知県の大須にも、韓国系列の唐揚げ屋さんが大量に出店しており、韓国国内は飽和状態のため市場を求めていろいろな国に出店しているのでしょう!

冒頭に説明しましたが、既に全世界におけるマクドナルドの出品数を超えている韓国の唐揚屋。。。。どこにいっても飽和しているような気がしてなりませんが・・・

まとめ

韓国人の生き残る道がチキン店の開業しかなく、チキン店を開業するか餓死するかの2択であることを紹介しました。

知れば知るほど韓国は恐ろしい社会構造となっており、僕としても先進国ではないのでは??と感じるほど恐ろしい国です。

韓国は日本以上の階級社会となっていますし、優秀層しか老後まで会社で働くことができません。

資本主義といってしまえば簡単ですが、平凡な我々でもノビノビ働いて生活できる日本に感謝かもしれませんね。

Jさん
Jさん
チキン屋以外の職業の選択が出来る時点で勝ち組ですよ!

韓国では就労では人生に希望が持てないということで、株式投資も大ブームとなっています。

投資ブームの中で、韓国人は借金を元手に株式投資をしているという驚愕な現状をこちらの記事で紹介しています。

【借金で投資】韓国の若年層、借金を元手に投資してしまう先進国の若者はどこも厳しい就労環境にありますが、韓国はその中でもひどい状況となっています。 若者が恋愛・結婚・出産を諦めるようになると人口も減っていきますので、経済はドンドン縮小していきます。 日本の若者の中でも株式投資のブームが来ていますが、借金を元手に!!という考えには至っておりませんので いかに韓国の若者が追い詰められているということが伺えますね。...
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA